これがおかずになるなんて! 中国人が日本の中華料理を見て驚くこと

これがおかずになるなんて! 中国人が日本の中華料理を見て驚くこと
中国メディアは、日本の中華料理の特徴について紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
       
 日本人が中国人に対して「中華料理を食べたことがあるか?」と尋ねたら、中国人はどう思うだろうか。きっと、「何をばかげた質問をするのか」と思うだろうが、実際のところ多くの中国人は「中華料理」を食べたことがないのだという。中国メディアの百家号は20日、日本の中華料理の特徴について紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、中国人からすれば「中華料理」と「中国料理」は同じではなく、似て非なるものであると指摘。「中華料理」とは、本場中国の味を日本の味にアレンジしたものであるのに対し、「中国料理」は本場中国の味を再現したものだと主張した。「中華料理」の味は「薄味で甘め」だと分析している。

 では、日本の「中華料理」にはどのような特徴があるのだろうか。記事は、簡単にいうと「あんかけ」だと指摘。天津飯、エビチリ、麻婆豆腐など、どれも「あんかけ」であり、日本の中華料理はほとんどを「あんかけ」で作るといっても過言ではないとしている。

 また、別の特徴として、「点心がおかずになっていること」を挙げた。中国では小籠包、ワンタン、春巻、シュウマイなどを「点心」と呼んでおり、間食や軽食のような扱いだが、日本の中華料理ではどれも「おかず」であり、ラーメンやご飯などの主食に「おかず」としてついてくるものだと説明。これには多くの中国人が驚くようだ。

 記事が指摘するように、日本の中華料理は本場の中料理とはかなり違った料理となっているが、日本人の好みに合わせて改良された「中華料理」はとてもおいしく、人気が高い。これからも中華料理は日本人に親しまれていくことだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
日本で「優れた潜水艦」が進水した! 「その実力はやはり軽視できない」=中国
まさかここまでとは! 日本人は「四川料理を愛していた」=中国
豪州は「政冷経熱」を求めるな! これは「日本だから可能」だったのだ=中国
これが日本人なのか! 客の立場なのに「ホテルの退室時に部屋を片付ける」らしい=中国
日本は「我が国の勃興における障害」になるのか=中国

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月23日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。