令和の家づくりのキーワードは「住むだけでお金が貯まる」
拡大する(全2枚)

一生に一度の買い物といわれる「家」。
建てるなら長く住み続けられる良い家にしたいと思うのは当然。生活面もお金の面も含めて、自分の人生に最も寄り添う場所になるのだから、しっかり考えたいところだ。

その家の建築の最前線を教えてくれる一冊が『お金が貯まる家3.0』(平松明展著、カナリアコミュニケーションズ刊)である。

タイトルにある「3.0」という数字。これは、家づくりの進化の度合いを表す数字として使われている。
では、「1.0」「2.0」はどんな家を指すのだろう。

「家づくり1.0」は昭和の大量生産、大量消費の時代につくられた家のこと。省エネの意識もなく、家の断熱性能も低い。高金利時代だったため、住宅ローンを払うことでお金がどんどん減っていく家だった。

「家づくり2.0」は平成時代に登場した家づくりで、エコや省エネの意識の高まりを受けた「オール電化」や「スマートハウス」「パッシブデザイン」などが特徴的。「1.0」よりは質が高いものの、長期的な耐久性までは考えられてなく、震度7クラスの大地震で倒壊するケースもあると著者の平松氏は指摘する。現在の家づくりの主流はこの「2.0」だ。

■「家づくり3.0」は住んで良し、さらにお得になる家のこと

では、「2.0」からさらに進化し、令和の家づくりともいえる「3.0」はどんな家のことを指すのか。それは、住みながら「資産形成ができる」「健康になれる」「孫の代まで長く住める」ということが特徴だという。さっそく一つ一つのぞいていこう。


この記事の画像

「令和の家づくりのキーワードは「住むだけでお金が貯まる」」の画像1 「令和の家づくりのキーワードは「住むだけでお金が貯まる」」の画像2