「仲良し家族」でも要注意! 相続トラブルはなぜ起こるのか?

「仲良し家族」でも要注意! 相続トラブルはなぜ起こるのか?

どんな人でも他人事とはいかないのが「相続」。
「相続なんて資産家だけのもの」と考えられがちだが、そうではない。むしろ、大きな財産のない普通の家だからこそ、相続はもめやすい。そう語るのが『ホントは怖い 相続の話』(ぱる出版刊)の著者で税理士・公認会計士の木下勇人氏だ。

本書は「税理士が伝える相続とはこういうものだ」というイメージとかけ離れた内容となっている。そこには木下氏の「世の中にある相続の情報は相続税の節税に偏りすぎている、節税よりももっと大切なものを見失ってほしくない」という思いがあるという。

木下氏はまた、「うちの家族は仲がいいからもめるわけがない」というのも間違いだとしている。どんなに仲が良くても、財産らしい財産がなくても、もめる時はもめる。それが相続なのだ。

■「仲良し家族」が相続でもめる理由

本書で木下氏は、相続についての基礎知識や相続税対策のノウハウを解説するとともに、相続にまつわる誤解についても紹介している。

たとえば、相続の話になると「うちの家族は仲がいいから」と、もめる可能性を考えず、相続対策を後回しにしている人は少なくない。しかし、いかに仲がよくても、親が亡くなり財産を分け合うような年齢になっていれば、一般的に考えて結婚していたり、進学などでお金がかかる年齢になった子どもがいるケースが多いはずだ。

もちろん、直接の相続人である息子たちや娘たちはもめないように互いに気をつかって相続を進めようとするはずだ。しかし、その夫や妻も同様とは限らない。「もらえるものはもらってよ」という感覚になる可能性は十分にあるだろう。


あわせて読みたい

新刊JPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「仲良し家族」でも要注意! 相続トラブルはなぜ起こるのか?」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    慰安婦叩きの連中の言ってることを見ると、要するに性犯罪大好きで被害者は文句を言うなっていう悪魔の主張なんだよ。日本は悪魔だらけになってしまった。相続の醜さをみろ、、。

    0
この記事にコメントする

「節税 + 不動産」のおすすめ記事

「節税 + 不動産」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「税金」のニュース

次に読みたい関連記事「税金」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「年金」のニュース

次に読みたい関連記事「年金」のニュースをもっと見る

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月27日のライフスタイル記事

キーワード一覧

  1. 節税 不動産

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。