言葉遣いで損する人・得する人 その決定的な違い

言葉遣いで損する人・得する人 その決定的な違い

モノの「言い方」ひとつで、相手に与える印象や評価は大きく変わる。また、とっさの一言が出てこなかったり、うまく断ることができない、というのは性格に負う部分もあるのだろうが、言葉の使い方のレパートリーの数によるところも大きい。

言葉遣いで損をする人もいれば、得をする人もいる。長年積もり積もったら大きな違いになりそうである。

■言葉遣いで損する人・得する人

「お礼」「断る」「叱る」「謝る」。
仕事でも私生活でもよくあるこんなシチュエーション別に、公の場で役立つ大人の「言い方」を紹介するのが『見るだけで語彙力アップ! 大人の「モノの言い方」ノート』(佐藤幸一著、総合法令出版刊)だ。

大人のモノの言い方とは、どういったものなのか。大人が使う「言い方」には、5つのポイントがある。

1.頭ごなしの「否定的な表現」は使わない
「~はできません」といった相手の気持ちを一方的に否定するような表現は避ける。たとえ相手の勘違いだとしても、一方的に否定せずに「そうですね。ただ~」と一旦受け止めるようにする。

2.「クッション言葉」の活用
依頼するときに「よろしければ」などのクッション言葉を使うと、印象がソフトになり、相手も聞く態勢を取りやすくなる。

3.「問いかけの言い方」の選択
自分が言いにくいことは「~してください」よりも「~していただけませんか?」と問いかけにすることで、「助けてほしい」という雰囲気が相手に伝わりやすくなる。


あわせて読みたい

新刊JPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「言葉遣いで損する人・得する人 その決定的な違い」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    むしろ回りくどすぎて何を言いたいのかが伝わっていないんだよ()。特に視聴者側の意思表明できないテレビやラジオで多用する“~させていただきます”。あれ聞くと正直イラッとするだけ。

    2
  • 匿名さん 通報

    「ご理解下さい」がひどいね。「いやです」と言わせない強要をソフトに見せ掛けているだけ。

    1
  • 匿名さん 通報

    今の日本語は無茶苦茶。「自粛してください」って言っておきながら中身は「強制」で「罰を与えるぞ」と脅迫する。それじゃあ自粛じゃないじゃん。主語も述語も全部デタラメ。

    0
この記事にコメントする

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月24日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。