マイクロソフト元社長が“英語社内公用語化”を批判

マイクロソフト元社長が“英語社内公用語化”を批判
 “大人げない大人”として注目を集めるマイクロソフト日本法人元社長の成毛眞さんが、初めての英語本を出版した。マイクロソフトといえばバリバリの外資系企業。成毛さん流の型破りな英語の勉強の仕方を教えてくれるのでは……と思ったら、なんと「日本人の9割は英語はいらない」という内容。一体どういうことなのだろうか?

 各雑誌でも話題となっている『日本人の9割に英語はいらない』(祥伝社/刊)の中で成毛さんは、英語をきちんと学ばなくてはいけない日本人は1割しかいないという。

 その1割に当てはまる人は、外資系企業に勤務するビジネスマンや、外国人が宿泊しにくるホテルの従業員、デパートの店員、外国人観光客向けのお店の店員などだ。また、研究者や医師なんかも論文を読みこなすために英語は必須となる。自分の仕事に直結するからこそ、英語を学ぶことが求められるのだ。
 しかし、9割の人にとっては、英語を勉強する必要性が見当たらない。
 成毛さんは第1章で「何のために英語を勉強するのか」という問いに答えられるかどうかを読者に問いただす。「海外の論文を自分で翻訳するため」とか「外国人の彼氏(彼女)をつくりたいから」という明確な目的があるならば、勉強するのも良いだろう。しかし、必要でないのに覚えようとするのは無意味なことではないか。
 であれば、今、すべきことは何か。つまり、自分の人生において大切で意義があることとは何だろうか。成毛さんはこれを「本当の学問」と呼び、本書の中で思考の磨き方を説明するとともに、日本の英語教育への批判も展開する。

あわせて読みたい

新刊JPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年10月26日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。