物語のきっかけは「そば屋で聞いたサラリーマンの会話」―池井戸潤さんインタビュー(1)

物語のきっかけは「そば屋で聞いたサラリーマンの会話」―池井戸潤さんインタビュー(1)
拡大する(全1枚)
 出版界の最重要人物にフォーカスする『ベストセラーズインタビュー』! 第45回となる今回は、新刊『七つの会議』(日本経済新聞出版社/刊)が好評の池井戸潤さんです。
 2011年に『下町ロケット』(小学館/刊)で直木賞を受賞した池井戸さんが『七つの会議』で描いているのは、よくある大企業の子会社「東京建電」で起きた一件の不祥事に揺れる人間たちの姿。
 好成績を挙げていた営業課の課長が突然パワハラで社内委員会に訴えられた。一体何が起きたのか? 謎が膨らむ前半と、平社員から親会社の社長まで点が線で結ばれていきながら謎が解けていく後半。全8話から成る本作は、手に汗握る一冊になっています。
 では、池井戸さんはこの物語にどのような想いを込めているのでしょうか?

■ 物語のきっかけは「そば屋でのサラリーマンの会話」

―この『七つの会議』ですが、私も会社の中で働いている身として、リアルに感じられる部分が多くて面白かったです。事前に取材などはなさっているのですか?

池井戸さん(以下敬称略) 「取材はあまりしないですね。必要最低限のこと、絶対確認しておかなければいけないことについては取材しますが、それ以上はしないです」

―元々、池井戸さんは銀行員をされていたそうですが、その頃の経験をモチーフとされていらっしゃるということですか?

池井戸 「何百社も見ていれば、似ているところもあれば違う部分もあるので、その経験は反映させています。今回の舞台である『東京建電』も特にモデルはないけれど、『こんな会社はない』という印象は与えないと思いますね」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

新刊JPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク