マルハニチロ プリフライかき揚げ「ベジコーディ 便利な手作り野菜かき揚げ」で外食・給食市場の採用拡大目指す/2021年秋季業務用冷食新商品

マルハニチロ プリフライかき揚げ「ベジコーディ 便利な手作り野菜かき揚げ」で外食・給食市場の採用拡大目指す/2021年秋季業務用冷食新商品
拡大する(全2枚)

マルハニチロ「ベジコーディ 便利な手作り野菜かき揚げ 35」

マルハニチロは、業務用冷凍食品の2021年秋季新商品8品・リニューアル品2品の計10品を9月1日(一部除く)、全国で発売する。2021年の秋は、惣菜市場で採用が拡大した「プリフライかき揚げ」を、外食・給食市場向けでも拡大するため、自然解凍可能な新商品「ベジコーディ 便利な手作り野菜かき揚げ」3品を投入し、さらなる採用拡大を目指す。

〈関連記事〉マルハニチロ 秋に引き続きプリフライかき揚げ提案、店内手揚げから移行促進/2021年春季業務用新商品

また、コロナ禍以降注目を集めるキャッシュアンドキャリー(C&C)やドラッグストア(DgS)など、一般消費者向け売場への提案を強化し、小容量商品も拡充する。7月6日、池見賢社長らが出席し、オンラインで新商品発表会を開いた。

新商品「ベジコーディ 便利な手作り野菜かき揚げ」(35/50/80の3規格)は、自然解凍で提供可能なかき揚げ。利用シーンに合わせて油ちょうはもちろん、電子レンジ、フライパンでの揚げ焼き調理も可能とした。中味は玉ねぎ、にんじんの甘みと衣のくちどけの良さが特長で、いんげん、空芯菜で彩り良く仕上げた。

また、業務用冷凍食品ではあるが、C&CやDgSなど、一般消費者も利用可能な売場に向けて、用途や中身が分かりやすいパッケージデザインを採用している。
マルハニチロ プリフライかき揚げ「ベジコーディ 便利な手作り野菜かき揚げ」で外食・給食市場の採用拡大目指す/2021年秋季業務用冷食新商品

用途や中身が分かりやすいパッケージデザイン


この記事の画像

「マルハニチロ プリフライかき揚げ「ベジコーディ 便利な手作り野菜かき揚げ」で外食・給食市場の採用拡大目指す/2021年秋季業務用冷食新商品」の画像1 「マルハニチロ プリフライかき揚げ「ベジコーディ 便利な手作り野菜かき揚げ」で外食・給食市場の採用拡大目指す/2021年秋季業務用冷食新商品」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「新型コロナ」に関する記事

「新型コロナ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「新型コロナ」の記事

次に読みたい「新型コロナ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク