ダイソーで500円で買える! 話題のキャンプ道具「メスティン」の魅力とは?

ダイソーで500円で買える! 話題のキャンプ道具「メスティン」の魅力とは?
拡大する(全13枚)

 100円ショップ『ダイソー』は最近、キャンパーご用達の店なんです。それもそのはず。ランタンフックにペグ抜き、コンロ用の風よけにハンモック……、「こんなものまであるの?」と驚くほど、アウトドアアイテムが充実しているんです。

 そんな『ダイソー』で完売続出、欲しくてもなかなか手に入らないと話題になっている最新アイテムがあるそうなのでチェックしに行きました。

ダイソーで500円で買える! 話題のキャンプ道具「メスティン」の魅力とは?

 それが、ご紹介する『ダイソー』のメスティン「アルミ飯ごう(ハンドル付き)」です。ちょっと知っている人なら「メスティンって、スウェーデンのトランギア社のものでは?」と思われるかもしれません。確かに日本ではトランギアがメジャーですが、そもそもメスティン(messtin)とは「mess=軍隊での食事」と「tin=ブリキの容器」が組み合わさってできた名称。ですからトランギア以外にも、国内外様々なメーカーから製品化されているのです。

 他社製品が2000~3000円という価格帯のなかで、『ダイソー』なら500円(税抜)!? これは衝撃の価格。その実力は如何程か、ソロキャンプが趣味の筆者が早速検証してみました。

“バリ”がほとんど気にならない!

ダイソーで500円で買える! 話題のキャンプ道具「メスティン」の魅力とは?

「バリ」とは、金属製品のフチなどに残る微細な突起物のことで、そのままでは指や唇が切れるなど、思わぬケガにつながることもあります。

 そのためトランギアなどのメスティンでは、買った人自身が使用前に紙やすりなどで「バリ取り」を行うことが通例。しかしダイソーのメスティンは、バリがほとんど気にならない。細部まで行き届いた気遣い、もはや500円のレベルではありません。


この記事の画像

「ダイソーで500円で買える! 話題のキャンプ道具「メスティン」の魅力とは?」の画像1 「ダイソーで500円で買える! 話題のキャンプ道具「メスティン」の魅力とは?」の画像2 「ダイソーで500円で買える! 話題のキャンプ道具「メスティン」の魅力とは?」の画像3 「ダイソーで500円で買える! 話題のキャンプ道具「メスティン」の魅力とは?」の画像4
「ダイソーで500円で買える! 話題のキャンプ道具「メスティン」の魅力とは?」の画像5 「ダイソーで500円で買える! 話題のキャンプ道具「メスティン」の魅力とは?」の画像6 「ダイソーで500円で買える! 話題のキャンプ道具「メスティン」の魅力とは?」の画像7 「ダイソーで500円で買える! 話題のキャンプ道具「メスティン」の魅力とは?」の画像8
「ダイソーで500円で買える! 話題のキャンプ道具「メスティン」の魅力とは?」の画像9 「ダイソーで500円で買える! 話題のキャンプ道具「メスティン」の魅力とは?」の画像10 「ダイソーで500円で買える! 話題のキャンプ道具「メスティン」の魅力とは?」の画像11 「ダイソーで500円で買える! 話題のキャンプ道具「メスティン」の魅力とは?」の画像12
「ダイソーで500円で買える! 話題のキャンプ道具「メスティン」の魅力とは?」の画像13
編集部おすすめ

当時の記事を読む

食楽webの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

グルメニュースランキング

グルメランキングをもっと見る
お買いものリンク