デカ盛り肉うどん2.4kg!? 『国分寺 甚五郎』で「肉うどん・特盛」を食べてきた
拡大する(全8枚)

 国分寺に、並盛りでもかなり大盛りなのに、さらに特盛などボリュームが増やせて、お腹いっぱいになること間違いなしのうどん店があると聞き、向かったのは国分寺駅から徒歩3分ほどのところにある『国分寺 甚五郎(じんごろう)』。

 国分寺といえば学生街でデカ盛りを出すお店もいくつかあるので、今回も期待が高まります。駅前は再開発ですっかり綺麗になっちゃったけれど、一歩道に入れば、昔と変わらない風情の場所も。『国分寺 甚五郎』もおそらく、ずっと雰囲気が変わらないお店なんだろうなぁ。

デカ盛り肉うどん2.4kg!? 『国分寺 甚五郎』で「肉うどん・特盛」を食べてきた

 店内はカウンター席とテーブル席があり、一人でも気軽に入れる雰囲気。昭和レトロの看板やポスター、古時計が壁や天井いっぱいにディスプレイされています。「オーナーのコレクションなんです。時々入れ替わったりするんですよ」とスタッフさん。白物家電とか文房具など、いろんなブリキ看板を見られるのもこの店の良さなのかも。

 席につき、メニューを見ながら、スタッフさんにおすすめを聞くと「肉うどんが人気ですよ」。それなら肉うどんにして、量は特盛の900gに決定。普通盛は500g、大盛700gは+100円、特盛900gは+200円。そして小盛は400g、半分盛だと250g。普通盛、小盛、半分盛は値段一緒で「お値段変わりませんが、自分のお腹と相談して、食べられる量の注文をお願いします」の文字が。

 某有名うどんチェーン店の1玉が、大体250g~260gぐらいとのことなので、ここの半分盛とほぼ同じ。なので、初めてきたお客さんが特盛を頼もうとすると、お店の人から「うちは多いですよ」と声をかけているそうです。確かに、某有名うどんチェーン店ぐらいの量を想定して特盛頼んで、ほぼ2倍の量がきたら大変だしなぁ。


この記事の画像

「デカ盛り肉うどん2.4kg!? 『国分寺 甚五郎』で「肉うどん・特盛」を食べてきた」の画像1 「デカ盛り肉うどん2.4kg!? 『国分寺 甚五郎』で「肉うどん・特盛」を食べてきた」の画像2 「デカ盛り肉うどん2.4kg!? 『国分寺 甚五郎』で「肉うどん・特盛」を食べてきた」の画像3 「デカ盛り肉うどん2.4kg!? 『国分寺 甚五郎』で「肉うどん・特盛」を食べてきた」の画像4
「デカ盛り肉うどん2.4kg!? 『国分寺 甚五郎』で「肉うどん・特盛」を食べてきた」の画像5 「デカ盛り肉うどん2.4kg!? 『国分寺 甚五郎』で「肉うどん・特盛」を食べてきた」の画像6 「デカ盛り肉うどん2.4kg!? 『国分寺 甚五郎』で「肉うどん・特盛」を食べてきた」の画像7 「デカ盛り肉うどん2.4kg!? 『国分寺 甚五郎』で「肉うどん・特盛」を食べてきた」の画像8