ひっ迫する医療現場。看護師不足の実態は?

ひっ迫する医療現場。看護師不足の実態は?

再び発令された緊急事態宣言。ひっ迫している医療現場で指摘されているのが看護師不足。実際にコロナの現場で働いている看護師さんはどうなっているのか?1月13日TBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」(月~金、6:30~8:30)の「現場にアタック」で取材報告しました。

まず神奈川県の病院のコロナ病棟で働く林さんにお話しを伺いました。

★看護師が足りない

神奈川県の病院のコロナ病棟でも働かれている林さん
「一か月前ぐらいに「コロナ病棟に入ってください」っていう風に言われて、その病棟に行ったら、みんな他の病棟からお願いされて入ってる状況だったので、スタッフとのコミュニケーションを取って業務を円滑に進めるのはすごい大変でした。毎月毎月スタッフが変わってくるので、スタッフが変わるとまた教えなきゃいけないっていうのもあるので、コロナ病棟専用のスタッフが欲しいなと思います。でも、そうすると、一般病棟のスタッフが少なくなっちゃうので、やっぱり人員がもうちょっと欲しいですね。一床あたりいくら出すとかって言う話が出てましたけど、急に言われてもすぐには人は増やせないし、かといって、私達みたいな現場で働く看護師にお金が下りてくるのかって言うとやっぱりそういう情報もないので、すごい他人事みたいな感じでした」

大前提として人が足りない。さらにコロナ対応は防護服を着たり、他の病床より非常に人手が必要。そのため他の病棟から看護師を集めて増員しないと回らない。でも他の病棟も看護師をコロナ病棟に出しっぱなしにしたら回らないので、この病院では、順番にローテーションでコロナ病棟に行く。全ての病棟が人手不足に陥っている状態。また、コロナ病棟では、常に新しい人が来るので教えるところから始めるので、また大変。なんとか回っていても、現場のコミュニケーションなど非常に困難になる、そういう難しさもるようです。


当時の記事を読む

TBSラジオの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月14日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。