【イギリス発】ジャーサラダの進化版?お湯を注いでつくるレシピが斬新

【イギリス発】ジャーサラダの進化版?お湯を注いでつくるレシピが斬新


数年前、ジャーサラダが流行りましたよね。イギリスの新聞ガーディアンのサイトで、このホットバージョンともいえるレシピが紹介されていました。サラダの代わりにスープの材料を持参し、オフィスでお湯を注ぐというものです。いろいろな意味で興味深いのでご紹介します。

お湯を注いでつくるときに守りたいこと
【イギリス発】ジャーサラダの進化版?お湯を注いでつくるレシピが斬新


日本もだいぶ冷え込んできました。オフィスで温かいランチを食べていますか?

イギリスの新聞、ガーディアンで提案されているのが、お湯を注いで作るあったかメニューです。以前流行ったジャーサラダは、瓶にサラダを詰めてもってくるもの。今回のアイデアは、同じように容器に詰めてきたものにお湯をかけてスープにするというものです。

ちょっとした下ごしらえが必要だけれど、自分で材料をセットするのでヘルシー。ヌードルスープやクスクスなど、主食になるメニューもあります。

記事を書いたデールさんが、守るべきルールをいくつか挙げているのでまず紹介します。

・蓋つきで耐熱の容器に投資
・冷蔵されていた食材を詰める
・食べる前に室温に戻す
・大胆に、新しいものにトライ
・数分おいて、味をなじませる
・即席なので、味はスパイスや薬味でカバー

まずは、耐熱の容器を用意すること。お湯を注ぐからですね。耐熱ガラス、飯ごうのような金属の容器、特大のトラベルマグカップなどなんでもいいようです。ジャーサラダに使われるメイソンジャーは、もともと瓶詰にするときに煮沸したりするので、耐熱と言えば耐熱です。メイソンジャーにも、取っ手やカバーがついて、持つときに熱くないものも出ているようです。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

TABIZINEの記事をもっと見る 2018年12月7日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「アメリカ」のニュース

次に読みたい関連記事「アメリカ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スウェーデン」のニュース

次に読みたい関連記事「スウェーデン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ドイツ」のニュース

次に読みたい関連記事「ドイツ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。