「おかげ犬」って知ってる?ご主人の代わりに伊勢神宮を参詣した忠犬たち

「おかげ犬」って知ってる?ご主人の代わりに伊勢神宮を参詣した忠犬たち

紀州犬

日本には世界に例を見ないユニークな文化や歴史があります。外国人から「面白い!」「不思議」と興味を持たれるものも多いです。今回ご紹介する「おかげ犬」もそのひとつかもしれません。おかげ犬とは一体どんな犬なのでしょうか?


「おかげ犬」とは?
「おかげ犬」って知ってる?ご主人の代わりに伊勢神宮を参詣した忠犬たち

伊勢神宮内宮

江戸時代の日本では「おかげ参り」のブームが巻き起こりました。おかげ参りとは、群衆による伊勢神宮参拝のこと。江戸時代はずっと伊勢参りが流行していましたが、約60年周期(江戸時代で3回)で大ブームとなり、日本全国から集団で伊勢神宮を参詣したそうです。

しかし、体が弱いなどの事情があって、伊勢神宮に参詣できない人もいました。そのご主人の代わりに伊勢神宮を参詣と言われているのが「おかげ犬」なんです。近所でおかげ参りに行く人に一緒に連れて行ってもらっていました。しかし、そのうち犬だけで自宅と伊勢神宮を往復するケースも出てきたそうで、ビックリですよね!

犬のおかげ参りの仕方
「おかげ犬」って知ってる?ご主人の代わりに伊勢神宮を参詣した忠犬たち

(画像はイメージです)

犬がご主人の代わりにどのように伊勢神宮を参詣したのでしょうか? 気になりますよね。誰からも代参だとわかるように、犬に道中でかかるお金や伊勢参りをする旨を書いたものをしめ縄でつけていたとのこと。

不思議なことに、誰も犬のお金を奪うようなことはしなかったそうです。むしろ犬をリレー式で伊勢神宮に連れて行ったり、エサや寝床を与えたりして、積極的にサポートしていました。当時の人たちは、そうすることで、徳を積めると考えていたそう。江戸時代の人たちは信仰心が厚く、温かい心を持っていたんですね。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る 2018年12月8日のトラベル記事
「「おかげ犬」って知ってる?ご主人の代わりに伊勢神宮を参詣した忠犬たち」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    プロ臣民犬の登場か?

    0
  • 匿名さん 通報

    だからと言って国道や車の通る道を犬だけが歩かれても困るし、犬しか通らない道を歩かれれば、何か起こったらそれ以上に迷惑だろう。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。