【世界の不思議】命の保証なし!近づきたくない、世界の危険なスポット5つ

【世界の不思議】命の保証なし!近づきたくない、世界の危険なスポット5つ


スネークアイランド(ブラジル)
【世界の不思議】命の保証なし!近づきたくない、世界の危険なスポット5つ

スネークアイランド

ブラジルの「ケイマーダ・グランデ島」。別名スネークアイランドは、無人島で海軍の許可なしでは近づくことさえできない毒ヘビだらけの島です。ブラジルの都市、サンパウロ近くの海岸から約33キロメートル離れた場所にあるこの島には、1平方メートルに1~5匹の毒ヘビがいるとか。

【世界の不思議】命の保証なし!近づきたくない、世界の危険なスポット5つ

ゴールデン・ランスヘッド・バイバー

しかも、世界でもっとも危険な毒ヘビの一種、ゴールデン・ランスヘッド・バイバーの最大生息地なのだそう。この蛇に人間が噛まれた場合、1時間以内に死亡する可能性大。この島には2000~4000匹もゴールデン・ランスヘッド・バイバーが生息していると言われているので、恐ろしいですよね。

また、この島にはいくつかの伝説が残っています。そのひとつは、この島にはかつて灯台管理人とその家族が住んでいたんだそう。しかし、残念ながら彼らは、窓から入ってきた毒ヘビに噛まれて死んでしまったんだとか。さらに、海賊が隠した財宝を守るため、島に蛇を置いていったという伝説も残っています。

もし、この島で一晩キャンプをしたら・・・と考えただけでもゾッとしますね。

カラチャイ湖(ロシア)
【世界の不思議】命の保証なし!近づきたくない、世界の危険なスポット5つ

(C)Google コンクリートで埋められたカラチャイ湖

ロシアには地球上でもっとも汚染されている場所があります。それはロシアの美しい山脈の中にあるカラチャイ湖です。

1時間、カラチャイ湖の湖岸にいるだけで死に至るほどの放射線量を浴びてしまうとか! 旧ソ連では、核廃棄物を川や湖に流すことが長年、常態化していたんです。そのため、労働者や周辺に住む住民の健康被害が発生していました。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る 2019年5月12日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。