奈良の風に吹かれながら。『今井町』で、大人の歴史探検隊!

奈良の風に吹かれながら。『今井町』で、大人の歴史探検隊!


栄えた町並みと、歴史を濃縮した〈華甍~はないらか~〉

奈良の風に吹かれながら。『今井町』で、大人の歴史探検隊!


奈良県橿原市中部に位置する『今井町』は、かつてから〈大和の金は今井に七分〉と言われるほど栄えた町で、平成5年に「重要伝統的建築物群保存地区」の選定を受けています。東西に600m、南北に310m、17.4haの広さの地区に、伝統建築物は500棟と、その地区内数は日本一。地区を大きく取り囲む環濠跡、屈折した通り、牛馬をつなぐ駒つなぎと、外からの侵入を防ぎ、商業は栄えてきたようです。

奈良の風に吹かれながら。『今井町』で、大人の歴史探検隊!


散策の前後に『今井まちなみ交流センター〈華甍〉』で情報収集も。町のジオラマ、広い屋敷の縮小展示は細部まで細かく再現され、本当に人が住んでいるようです。
織田信長、明智光秀、豊臣秀吉など歴史に名を残す人物の書状も展示され、筆跡をじっくり見比べると、その筆圧や文字の表現から、教科書でしか知らない人物像をより身近に感じ、実際生きていた人なんだ、というリアルを改めて実感します。
こちらで予習をした後に、地図を片手に町を散策すると、町の景色もさらに感慨深く見えることでしょう。

生活を見学、体験。染みるのは奈良の言葉も。

奈良の風に吹かれながら。『今井町』で、大人の歴史探検隊!


材木商、米屋、造り酒屋、肥料商、金物問屋や、町最古の今西家住宅など重要文化財のお屋敷が今も残っています。旧米谷家など中を見学できる屋敷もあり、地元のガイドさんもいらっしゃり、歴史、家の造りとその工夫など丁寧に教えてくださいます。『今井まちや館』では使用人さんの寝泊まりしていた「厨子(つし)2階」への梯子を登ったり、窓を開け閉めしたりという貴重な体験も。町の繁栄の大きさ、生活の知恵の豊富さに深く頷きながら探検は続きます。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る 2019年5月24日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。