温泉まんじゅう発祥の店!勝月堂の「湯乃花饅頭」は並んでも食べたいおいしさ【伊香保温泉】

温泉まんじゅう発祥の店!勝月堂の「湯乃花饅頭」は並んでも食べたいおいしさ【伊香保温泉】


温泉まんじゅうはなぜ茶色い?
温泉まんじゅう発祥の店!勝月堂の「湯乃花饅頭」は並んでも食べたいおいしさ【伊香保温泉】


今や日本名物のひとついっても過言ではない、全国の温泉地で見られる温泉まんじゅう。あれってどうして茶色いのか、不思議に感じたことはありませんか?

それは、温泉まんじゅう発祥の地がここ、伊香保温泉だから。石段街にたたずむ「勝月堂」の初代が、伊香保温泉の茶褐色の湯をイメージして、黒砂糖を使ったこの茶色いまんじゅうを考案したのだそう。

広く知られるようになったのは、昭和の始めに、昭和天皇がお買い上げになってから。その後、全国の温泉地で茶色い温泉まんじゅうが製造販売されるようになります。

明治43年創業、100年以上愛される老舗の味わい
温泉まんじゅう発祥の店!勝月堂の「湯乃花饅頭」は並んでも食べたいおいしさ【伊香保温泉】


勝月堂の誕生は明治まで遡ります。勝月堂初代の半田勝三さんは、東京の風月堂で修行ののち、伊香保で和菓子店「勝月堂」を開きました。

あるとき、先見の明を持つ隣人から、「伊香保温泉の自慢できる土産品を作ってみないか」とすすめられます。そして試行錯誤し、誕生したのが、今もなお愛される「湯乃花饅頭」なのだそうです。

並ぶ価値あり!伊香保のお土産、食べ歩きグルメとしてはずせない
温泉まんじゅう発祥の店!勝月堂の「湯乃花饅頭」は並んでも食べたいおいしさ【伊香保温泉】


ふぞろいな形が、むしろ手作りのよさを醸し出している「湯乃花饅頭」。個包装はされていませんが、それもまた素朴でよいものです。

温泉まんじゅう発祥の店!勝月堂の「湯乃花饅頭」は並んでも食べたいおいしさ【伊香保温泉】


いただいてみると、まずそのふっくらもっちり、芳醇な皮のおいしさに驚きます。できたてはもちろんですが、持ち帰って翌日いただいたときも、そのおいしさは損なわれていませんでした。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る 2019年6月17日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。