水沢うどんの名店「田丸屋」と自家焙煎コーヒーのカフェ「のはな」をはしご【伊香保温泉】

       
群馬県・伊香保温泉のグルメではずせないのは、讃岐うどんや稲庭うどんと並び、日本三大うどんのひとつとされる水沢うどんですが、伊香保を訪れたら必ず立ち寄りたい、うどん&カフェのベストルートを発見!水沢うどんの元祖といわれる「田丸屋」とその向かいにオープンしたカフェ「のはな」をはしごして、小麦の味わいを堪能してきました。
水沢うどんの名店「田丸屋」と自家焙煎コーヒーのカフェ「のはな」をはしご【伊香保温泉】

伝統の手法を守り続ける田丸屋
約400年前に、水澤寺(水澤観音)の参詣客向けに手打ちうどんが振る舞われたのを起源とする水沢うどんは、小麦粉、塩、水沢の水だけを使って伝統の手法で作られ、強いコシと透明感のある麺が特徴です。

[caption id="attachment_353324" align="alignnone" width="640"]
水沢うどんの名店「田丸屋」と自家焙煎コーヒーのカフェ「のはな」をはしご【伊香保温泉】
風格ある店構えの田丸屋は、十数軒のうどん店が軒を連ねる水澤観音の参道(県道15号)沿いにあります[/caption]

天正10年(1582年)創業の田丸屋は、代々、水澤観音の門前に店を構える水沢うどんの元祖。昔ながらの伝統と技法を用いた麺とつゆにこだわり続けているそうです。

[caption id="attachment_353325" align="alignnone" width="640"]
水沢うどんの名店「田丸屋」と自家焙煎コーヒーのカフェ「のはな」をはしご【伊香保温泉】
店内は天井が高く広々とした空間[/caption]

田丸屋の麺は、厳選した国産小麦粉のみを使用した白い十割うどんと、国産小麦を自社工場の石臼で自家製粉し、その全粒粉から醸し出される穀物の香りや甘みを追求した古伝・喜利麦の2種類があります。いずれも、水沢の水と天然塩を用いてほどよい熟成をさせているとのこと。
TABIZINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「うどん + レシピ」のおすすめ記事

「うどん + レシピ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「お好み焼き」のニュース

次に読みたい関連記事「お好み焼き」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ビーフ」のニュース

次に読みたい関連記事「ビーフ」のニュースをもっと見る

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月8日のグルメ記事

キーワード一覧

  1. うどん レシピ

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。