【長崎の難読地名】彼杵、鐙瀬、本石灰・・・いくつ読めますか?

【長崎の難読地名】彼杵、鐙瀬、本石灰・・・いくつ読めますか?
拡大する(全9枚)
日本各地には、なかなか読めない難しい地名が多数存在します。地域の言葉や歴史に由来しているものなど、さまざまですが、中には県外の人はもちろん、地元の人でもわからないというものも。今回は長崎県の難読地名を紹介します。あなたはいくつ読めますか?
【長崎の難読地名】彼杵、鐙瀬、本石灰・・・いくつ読めますか?...の画像はこちら >>

彼杵














この投稿をInstagramで見る























【公式】東彼杵町"ひがしそのぎ"(@higashisonogi_official)がシェアした投稿





「そのぎ」
大村湾を挟んで西彼杵郡と東彼杵郡があり、東彼杵は江戸時代から明治時代にかけて鯨漁でにぎわった町です。お茶の品評会で日本一に輝いた「そのぎ茶」をはじめ、みかん、イチゴ、びわなどの農産物の生産も盛んに行われています。

鐙瀬
【長崎の難読地名】彼杵、鐙瀬、本石灰・・・いくつ読めますか?

(C)facebook/鐙瀬ビジターセンター

「あぶんぜ」
五島列島のひとつ、福江島の南にあるエリアです。年中温暖な気候で、火山「鬼岳」から流れ出た溶岩が固まってできた海岸線が広がります。ごつごつとした溶岩の海岸、透き通るような青い海。知る人ぞ知る「ハワイそっくりの風景」が楽しめるスポットです。


本石灰
【長崎の難読地名】彼杵、鐙瀬、本石灰・・・いくつ読めますか?

(C)長崎県観光連盟 長崎県文化観光国際部観光振興課

「もとしっくい」
長崎の中心地にある歓楽街で、入り口に「行こか戻ろか」と思案したことから名づけられたという「思案橋」がかかっていました。現在、橋は歩道へと整備され、欄干だけが残っています。


大三東














この投稿をInstagramで見る























ながさき Tabi Note(@ngs_kanko_official)がシェアした投稿


この記事の画像

「【長崎の難読地名】彼杵、鐙瀬、本石灰・・・いくつ読めますか?」の画像1 「【長崎の難読地名】彼杵、鐙瀬、本石灰・・・いくつ読めますか?」の画像2 「【長崎の難読地名】彼杵、鐙瀬、本石灰・・・いくつ読めますか?」の画像3 「【長崎の難読地名】彼杵、鐙瀬、本石灰・・・いくつ読めますか?」の画像4
「【長崎の難読地名】彼杵、鐙瀬、本石灰・・・いくつ読めますか?」の画像5 「【長崎の難読地名】彼杵、鐙瀬、本石灰・・・いくつ読めますか?」の画像6 「【長崎の難読地名】彼杵、鐙瀬、本石灰・・・いくつ読めますか?」の画像7 「【長崎の難読地名】彼杵、鐙瀬、本石灰・・・いくつ読めますか?」の画像8
「【長崎の難読地名】彼杵、鐙瀬、本石灰・・・いくつ読めますか?」の画像9
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TABIZINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トラベルニュースランキング

トラベルランキングをもっと見る
お買いものリンク