AKB48メンバー、いじめ体験を涙の告白。たかみなもいじめ問題に「諦めないで!」

NHK・Eテレで放送された『いじめノックアウトスペシャル』に出演したAKB48のメンバーが、過去のいじめ体験を明かした。いじめの“四層構造”のうち傍観者の存在が大きな鍵を握ると解説されると、高橋朱里が「いじめている自覚は無かった」と傍観者の立場にいたことを証言する場面もあった。また佐々木優佳里はいじめを受けた体験を、涙ながらに告白している。メインMCの高橋みなみもそうしたAKB48メンバーや出演した若者たちの体験を聞きながら「大人は根本的に変わらないかも」、「大切な人との出会いは必ずあるから諦めないでほしい」と本音を語った。

NHKによるいじめを考えるキャンペーン『いじめ、なにソレ?というほうへ。~100万人の行動宣言で“空気”を変えよう~』を取り上げた『いじめをノックアウトスペシャル』が9月7日に放送された。

“100万人の行動宣言”は「いじめに何かをしてみる10日間」として、いじめゼロに向けた行動宣言を子どもから大人まで広く募集する取り組みだ。教育評論家の“尾木ママ”こと尾木直樹氏も、このNHKの取り組みについて「行動に移すとは、これはすごい!」と賛同している。

番組からいじめについて質問された尾木ママは、森田洋司氏による“いじめの四層構造”を基に「いじめが起きる瞬間は被害者、加害者、観衆、傍観者が存在する」と切り出した。英国やオランダでは中学生になると“傍観者”から“いじめを止める”側に意識が変わる者が増えるのに対して、日本では中学生を過ぎても傍観者が増え続ける傾向にあるという。「これは同調圧力によるもので、1人になるのが怖いから起きる。女子がみんなでトイレに行ったりする心理も同じ」と解説した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2013年9月9日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「欅坂46」のニュース

次に読みたい関連記事「欅坂46」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「乃木坂46」のニュース

次に読みたい関連記事「乃木坂46」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「NGT48」のニュース

次に読みたい関連記事「NGT48」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。