AKB48グループ総監督・向井地美音“新たな仕組み”を発表 ファン「いい時代に戻った感じ」

AKB48グループ総監督・向井地美音“新たな仕組み”を発表 ファン「いい時代に戻った感じ」
雑誌『Top Yell NEO』のインタビューで総監督就任以降について語った向井地美音(画像は『向井地美音 2019年5月15日付Twitter「#TopYellNEO さんの取材でした!」』のスクリーンショット)
AKB48チームAのメンバーで48グループ3代目総監督を務める向井地美音(21)が5月16日、自身のTwitterに「お知らせ」として研究生がチームの垣根を越えて参加できる新たな公演のあり方を発表した。ファンからは「これはいいね!! ここからチャンスを掴んで欲しい!!」、「研究生にとっては新たなチャレンジだね!」といった反響が寄せられている。

48グループの公演は基本的にチーム制で行われるが、向井地美音が発表した仕組みでは研究生に限りチームの垣根を越えて他のチームの公演に「前座やバックダンサー、アンダー(代役)」として出演できる。

「今まで同じステージに立つことのなかった先輩からも吸収できるチャンスだと思うし、私たちもしっかり背中を見せていけるようにさらに頑張りたいと思います!」と意気込む彼女に、「おおお~~~!!」、「そういう試みだったのか! 色々な動き覚えられるからいいね」と共感するフォロワーが多い。

なかには「いい時代に戻った感じで嬉しいです」、「昔の良い頃のAKBって感じがします あっ、もちろん今のAKBも好きだけど研究生って本来こうあるべきだと俺は思ってるので、こうして変えていってくれる事は凄く嬉しいです」という声もあるように、チームの垣根を越える発想はこれまでにもあった。

総合プロデューサーの秋元康がメンバーたちを切磋琢磨させようと考え、AKB48の初代チームAとチームK及び研究生をシャッフルした16人による『ひまわり組』公演を2007年に実現、2013年と2015年にはHKT48が正規チームと研究生をシャッフルして『ひまわり組』公演を行っている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2019年5月17日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「SKE48」のニュース

次に読みたい関連記事「SKE48」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「欅坂46」のニュース

次に読みたい関連記事「欅坂46」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「NGT48」のニュース

次に読みたい関連記事「NGT48」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。