鉄道好きの中高生集う 第9回全国高校生地方鉄道交流会初のリモート開催 最優秀賞に奈良女子大附属中

鉄道好きの中高生集う 第9回全国高校生地方鉄道交流会初のリモート開催 最優秀賞に奈良女子大附属中
       
2012年の初回から皆勤参加の成城中高は3チームが出場。エリアが異なる北海道=写真=、会津鉄道、西武鉄道の利用促進策を発表しました。

中高生の鉄道を愛する心はコロナに負けない! 鉄道好きの中高生が日ごろの研究成果を披露する9回目の「全国高校生地方鉄道交流会」が8月21日に開かれ、参加7校9チームが特定の鉄道路線を取り上げ、利用促進策やイメージアップのアイディアを競いました。新型コロナの今夏は昨年までの実開催を断念、初めてのリモート交流会となりました。前半は交流会の狙い、後半は主な出場校の発表内容を紹介しましょう。

鉄道好き中高生のインターハイ

交流会の性格を一言で表現すれば、「鉄道が好きな中高生のインターハイ」です。鉄道ブームに乗って、中学や高校の鉄道研究会(鉄研)は人気を集める部活(クラブ活動)の代表格。今年はちょっと様子が変わりましたが普段の夏休み、部員は各地の鉄道を訪れて列車に乗車したり、写真を撮ったりします。しかし文系の鉄研には、野球の甲子園や一般スポーツのインターハイ、合唱の全国コンクールに相当する競技会や交流の場はありません。せっかく遠方の鉄道に乗車しても、発表の場は仲間内だけになりかねません。

こうした状況に風穴を開けようと2012年に交流会を発案したのは、第三セクター・秋田内陸縦貫鉄道の酒井一郎社長(現在は退任)。鉄研の活動が盛んな東京の3校に呼び掛けて部員を秋田に招き、初の交流会を開催しました。現地では鉄道沿線を訪問。縦貫鉄道も車両基地を公開しました。発表会では研究成果を披露。最優秀賞をはじめ各賞の表彰が行われ、学校の枠を越えて交流を深めました。国土交通省は交流会を後援して、鉄道好きの中高生にエールを送りました。


鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月30日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。