超電導リニアL0系「改良型試験車」報道公開 二種類の内装、様変わりした座席 JR東海

超電導リニアL0系「改良型試験車」報道公開 二種類の内装、様変わりした座席 JR東海
       

超電導リニアL0系「改良型試験車」報道公開 二種類の内装、...の画像はこちら >>

2020年10月19日(月)、山梨リニア実験線で超電導リニアL0系車両「改良型試験車」の報道公開が行われました。

お披露目された「改良型試験車」は、従来のL0系を営業車両の仕様策定に向けてさらにブラッシュアップした車両です。「誘導集電方式」を全面採用し(※)、さらに「先頭形状の最適化」を行ったことで空気抵抗を減らし、消費電力や車外騒音を低減しています。

※……「誘導集電方式」は車両が浮いた状態でも地上から車両へ電力を供給できる仕組みです。スマートフォンの「置くだけ充電」を想像すると分かりやすいでしょうか。従来のL0系でも部分的に採用されてはいましたが、改良型試験車では全面採用を行い、ガスタービン発電装置を排しました。

東京方の6号車(中間車)・7号車(先頭車)を改良型試験車とする編成は、今年の8月から山梨リニア実験線に投入され、従来のL0系とを組み合わせて走行試験を続けていますが、内装は伏されたままでした。

超電導リニアL0系「改良型試験車」報道公開 二種類の内装、様変わりした座席 JR東海
7両編成のうち2両が改良型試験車

今回はその気になる内装が初めてお披露目されたわけですが……営業車両の内装は正式に決まっているわけではありません。走行開始はまだまだ先の話ですから、今は走行試験を行いデータを取りながら、より良いものへとブラッシュアップしていく段階です。そういうわけで、今回は先頭車両と中間車両の内装が異なる状態で公開される運びとなりました。

営業車両には今回の二案いずれかがそのまま採用される可能性もありますが、全く似ても似つかないものになるかもしれません。山梨リニア実験センター所長 大島浩さんによれば「(L0系も含むこれらの内装の)『いいとこどり』をしてより良いものを作っていく」とのことでした。


あわせて読みたい

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月19日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。