羽田空港隣接地に国際交流・産業拠点 「HICity」街びらき 自律走行バスやロボットも JR東日本、京急、東京モノレールが参画

羽田空港隣接地に国際交流・産業拠点 「HICity」街びらき 自律走行バスやロボットも JR東日本、京急、東京モノレールが参画
       
HICity全景。交通広場には羽田空港と結ぶシャトルバスが発着します。

新型コロナで総崩れになった日本の国際観光ですが、復活の動きは既に始まっています。全日本空輸(ANA)は羽田、成田、関西、中部の4空港に分かれている国際線を当面、羽田に集約する方針を公表。首都空港から再生に歩み出す考えを示しました。

そんな羽田の国際化に向けた話題をもう一題、空港隣接地に2020年9月、新しい国際交流・産業拠点が誕生しました。名称は「HANEDA INNOVATION CITY(羽田イノベーションシティ=略称HICity<エイチ・アイ・シティ>)」で、最初の事業となる11階建てのビルや交通広場、体験型商業施設が、京浜急行電鉄と東京モノレールの地下駅・天空橋駅の直上に完成しました。オープニングイベントでは、自律走行するバスや自動運転の低速カート、軽貨物を運ぶドローンといった未来の交通・物流がお披露目されました。紹介が少々遅れましたが前半は空港用地再開発の狙い、後半は未来の交通を取り上げました。

交流施設に地場産業の振興託す大田区

羽田空港は沖合展開で拡張が続けられた結果、南東側の旧国際線ターミナル周辺に開発可能用地が発生。国土交通省と東京都、大田区などは未利用地を第1、第2の2ゾーンに分けて開発します。

今回オープンしたのは、大田区が主体の第1ゾーン(約16.5ha)第1期の「2020年開業エリア」。今年7月に先行開業していました。開発主体は羽田みらい開発(株式会社)で、代表企業の鹿島建設のほか、JR東日本、京浜急行電鉄、東京モノレールの鉄道3社と大和ハウス工業、野村不動産パートナーズ、日本空港ビルデング、富士フイルム、空港施設の各社が出資します。


あわせて読みたい

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月24日のトラベル記事

キーワード一覧

  1. 観光 東京

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。