中央線 201系 快速 中央特快 どっちの地ビールパックいく? 箱もきっぷも昭和な保存版、武蔵小金井駅前のあの名店ソーセージも

中央線 201系 快速 中央特快 どっちの地ビールパックいく? 箱もきっぷも昭和な保存版、武蔵小金井駅前のあの名店ソーセージも
拡大する(全2枚)

中央線 201系 快速 中央特快 どっちの地ビールパックいく...の画像はこちら

中央線 201系 快速 中央特快 どっちの地ビールパックいく? 箱もきっぷも昭和な保存版、武蔵小金井駅前のあの名店ソーセージも

中央線沿線のクラフトビールとソーセージ、そしてかわいい201系パッケージとオリジナルきっぷがセットに―――。

JR東日本八王子支社とJR中央ラインモールが、国鉄201系がデザインされたパッケージの地ビールパックを2月1日から3月14日まで発売する。

商品名は「快速パック」「中央特快パック」。

毎年開催する「中央線ビールフェスティバル」に参加するクラフトビール醸造所などが、このコロナ禍に「おうちで楽しむ 中央線ビールフェスティバル202X」と題して打ち出した商品。JRE MALL内特設ページLE COLLIER(ル・コリエ)で注文できる。

内容は、各ブルワリーのクラフトビール種+おつまみ+グッズの詰め合わせ。クラフトビール5種、本場ドイツハム&ソーセージ専門店ケーニッヒ(武蔵小金井)の人気ソーセージ6種(ケーニッヒ・ペッパー・しそ・チョリソー・ポーク・ガーリック)、きっぷを模した記念硬券5種がセット。

価格は「快速パック」「中央特快パック」とも5500円。

◆「快速パック」は、「急がず、焦らず、誰もが乗れる中央線快速らしい優しくも優雅な味わいのラインナップ」に。飲みやすいライトエールを中心に、地元の農産物を使った個性的なビールなど5本をパック。

快速パックに含まれる瓶ビールは、アンドビール「静岡・青島みかんエール」、ビール工房「サンシャインゴールド」、26kブルワリー「Mr.Sakai」、イサナブルーイング「とりあえずビターあきしまホップ」 、トヨダビールプロジェクト「TOYODA BEER」。


この記事の画像

「中央線 201系 快速 中央特快 どっちの地ビールパックいく? 箱もきっぷも昭和な保存版、武蔵小金井駅前のあの名店ソーセージも」の画像1 「中央線 201系 快速 中央特快 どっちの地ビールパックいく? 箱もきっぷも昭和な保存版、武蔵小金井駅前のあの名店ソーセージも」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トラベルニュースランキング

トラベルランキングをもっと見る
お買いものリンク