木造駅舎“萌え”でイマイチ平静ではありませんが【木造駅舎コレクション】019

木造駅舎“萌え”でイマイチ平静ではありませんが【木造駅舎コレクション】019
拡大する(全13枚)

木造駅舎“萌え”でイマイチ平静ではありませんが【木造駅舎コレ...の画像はこちら >>

※2021年4月撮影

トップ画像は、JR九州日豊本線東別府駅の入口に建つ停車場建設記念碑。左横に立つ説明板の記述内容は以下です。

***

別府市指定有形文化財 東別府駅本屋 平成15年2月5日指定

この駅舎は、明治44年11月1日に豊州本線(現日豊本線)浜脇停車場として開業したもので、大分県下の木造駅舎としては、開業当時の面影を最も残しています。

当時の浜脇温泉は、別府温泉に並ぶ大温泉地で多くの浴客で賑わっていました。その隆盛を誇った浜脇温泉の交通の拠点として貴重であるとともに、東九州の鉄道の歴史を知る上でも重要な建造物です。

大正の初期に浜脇駅、昭和9年には東別府駅と改称され、また大正14年にプラットホームを砂面からコンクリートに変更、平成16年3月には開業当時の姿を残しながら全面改修されました。

平成16年3月 別府教育委員会

***

駅前にカメラを後ろに下げるだけの十分な広さがないので正面からの駅舎全体が写せません。

木造駅舎“萌え”でイマイチ平静ではありませんが【木造駅舎コレクション】019
※2021年4月撮影

あらためて駅舎を西側から。溜め息が洩れるほど端正です。

木造駅舎“萌え”でイマイチ平静ではありませんが【木造駅舎コレクション】019
※2021年4月撮影

東側には駅舎外にトイレが設けられています。駅前は駐輪場になっている様です。

木造駅舎“萌え”でイマイチ平静ではありませんが【木造駅舎コレクション】019
※2021年4月撮影

駅出入口。改修されていますが、オリジナルを残す様に丁寧に作業されたことが分かります。電灯器具に“萌え”ちゃいます。

木造駅舎“萌え”でイマイチ平静ではありませんが【木造駅舎コレクション】019
※2021年4月撮影

建物財産標には明治44年7月16日と記されていました。1911年です。


この記事の画像

「木造駅舎“萌え”でイマイチ平静ではありませんが【木造駅舎コレクション】019」の画像1 「木造駅舎“萌え”でイマイチ平静ではありませんが【木造駅舎コレクション】019」の画像2 「木造駅舎“萌え”でイマイチ平静ではありませんが【木造駅舎コレクション】019」の画像3 「木造駅舎“萌え”でイマイチ平静ではありませんが【木造駅舎コレクション】019」の画像4
「木造駅舎“萌え”でイマイチ平静ではありませんが【木造駅舎コレクション】019」の画像5 「木造駅舎“萌え”でイマイチ平静ではありませんが【木造駅舎コレクション】019」の画像6 「木造駅舎“萌え”でイマイチ平静ではありませんが【木造駅舎コレクション】019」の画像7 「木造駅舎“萌え”でイマイチ平静ではありませんが【木造駅舎コレクション】019」の画像8
「木造駅舎“萌え”でイマイチ平静ではありませんが【木造駅舎コレクション】019」の画像9 「木造駅舎“萌え”でイマイチ平静ではありませんが【木造駅舎コレクション】019」の画像10 「木造駅舎“萌え”でイマイチ平静ではありませんが【木造駅舎コレクション】019」の画像11 「木造駅舎“萌え”でイマイチ平静ではありませんが【木造駅舎コレクション】019」の画像12
「木造駅舎“萌え”でイマイチ平静ではありませんが【木造駅舎コレクション】019」の画像13
編集部おすすめ

当時の記事を読む

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「温泉」に関する記事

「温泉」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「温泉」の記事

次に読みたい「温泉」の記事をもっと見る

トラベルニュースランキング

トラベルランキングをもっと見る
お買いものリンク