東海道新幹線が2027年からミリ波方式列車無線を採用、約300倍の大容量通信へ

東海道新幹線が2027年からミリ波方式列車無線を採用、約300倍の大容量通信へ
拡大する(全4枚)

東海道新幹線が2027年からミリ波方式列車無線を採用、約30...の画像はこちら >>

東海道新幹線は、2027年からミリ波方式列車無線を採用する。

東海道新幹線は現在、指令と列車内の通信に、沿線に敷設したLCX(Leaky Coaxial:電波が漏れ出るケーブル)を使用するLCX方式列車無線を使用し、安全・安定輸送の確保、利用者への情報提供、異常時対応などに活用している。

JR東海は、東海道新幹線における安全・安定輸送の確保やメンテナンスの省力化、セキュリティ強化をさらに推進するため、より高速で大容量の通信が可能となるミリ波方式による列車無線の開発を進めてきた。

今回、その実用化の目途が立ったことから、ミリ波方式列車無線を東海道新幹線全線に整備。2021年12月から工事を始める。導入費用は約440億円。

豪雨モードを開発、約300倍の大容量通信

東海道新幹線が2027年からミリ波方式列車無線を採用、約300倍の大容量通信へ

◆ミリ波の特徴

ミリ波は、30GHz~300GHz の周波数帯の無線の総称で、波長がミリメートル単位と短く広い周波数帯を使用できるため、高速で大容量の通信が可能に。

いっぽう、雨により電波が弱くなる性質があり、特に豪雨時には受信した信号が弱まり雑音に埋もれるため、屋外で列車との通信に使用する場合、通信が不安定になるという問題があった。

◆技術開発のポイント

豪雨時に通信が不安定になるという問題を克服するために、同じ信号を繰り返し複数回にわたって送信し、受信側で足し合わせ、雑音を除去して明瞭な通信を可能とする「豪雨モード」を開発した。

これにより、豪雨時においても指令と列車間の安定した通信が可能となり、列車無線にミリ波方式を採用することができた。


この記事の画像

「東海道新幹線が2027年からミリ波方式列車無線を採用、約300倍の大容量通信へ」の画像1 「東海道新幹線が2027年からミリ波方式列車無線を採用、約300倍の大容量通信へ」の画像2 「東海道新幹線が2027年からミリ波方式列車無線を採用、約300倍の大容量通信へ」の画像3 「東海道新幹線が2027年からミリ波方式列車無線を採用、約300倍の大容量通信へ」の画像4

あわせて読みたい

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク