JR西日本の新型総合検測車「DEC741」お披露目

JR西日本の新型総合検測車「DEC741」お披露目
拡大する(全14枚)

JR西日本の新型総合検測車「DEC741」お披露目の画像はこちら >>

JR西日本の新型総合検測車「DEC741」お披露目

JR西日本は総合検測車「DEC741」を新たに導入します。

検測車とは、走行しながら地上設備の状態をチェックする試験車両のこと。線路の状態を見る「軌道試験車」や架線・信号系統を見る「電気試験車」、双方の機能を備えた「電気・軌道総合試験車」など様々な種類があり、有名なものとしては東海道新幹線や山陽新幹線の状態を確認する「ドクターイエロー」や、JR東日本の「イースト・アイ」などが挙げられます。

「DEC741」は2021年7月に引退した国鉄時代の電気検測試験車「クモヤ443」の後継とも言える存在。電気設備検査機能を受け継ぎながら、電柱、信号機、線路などの設備情報も一度に取得可能にしたうえで、在来線「全区間」の走行・検測を可能にした電気式気動車です。車両長は約21メートル、最高速度は100km/h。

JR西日本の新型総合検測車「DEC741」お披露目

先頭の「DEC741-1」屋根上や側方に50台のカメラを設置しており、これらの「電気設備撮像装置」で電柱、信号機、がいしなどのデータを取得します。なお、報道公開時には未設置でしたが、「DEC741-1」の床下には新幹線で試行している線路設備診断システムも設置予定だそうです。

後方の「DEC741-101」には「クモヤ443」にも積まれていた架線検測装置(トロリ線の摩耗を確認)のほか、電気設備測定装置を配置し、架線周りの高低差や離れなどをチェックします。2両で取得できる設備データは約100種類にも及ぶそうです。


この記事の画像

「JR西日本の新型総合検測車「DEC741」お披露目」の画像1 「JR西日本の新型総合検測車「DEC741」お披露目」の画像2 「JR西日本の新型総合検測車「DEC741」お披露目」の画像3 「JR西日本の新型総合検測車「DEC741」お披露目」の画像4
「JR西日本の新型総合検測車「DEC741」お披露目」の画像5 「JR西日本の新型総合検測車「DEC741」お披露目」の画像6 「JR西日本の新型総合検測車「DEC741」お披露目」の画像7 「JR西日本の新型総合検測車「DEC741」お披露目」の画像8
「JR西日本の新型総合検測車「DEC741」お披露目」の画像9 「JR西日本の新型総合検測車「DEC741」お披露目」の画像10 「JR西日本の新型総合検測車「DEC741」お披露目」の画像11 「JR西日本の新型総合検測車「DEC741」お披露目」の画像12
「JR西日本の新型総合検測車「DEC741」お披露目」の画像13 「JR西日本の新型総合検測車「DEC741」お披露目」の画像14
編集部おすすめ

当時の記事を読む

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

トラベルニュースランキング

トラベルランキングをもっと見る
お買いものリンク