近鉄の新観光特急「あをによし」デビュー……種車「12200系」はどのような存在だったのか【コラム】
拡大する(全9枚)
近鉄の新観光特急「あをによし」外観(写真:近鉄)

2022年4月29日(金・祝)、近鉄の新観光特急「あをによし」が運行を開始しました。古都・奈良を思わせるデザインに、ゆったりとしたくつろぎの車内空間を備えた4両編成の観光特急は、大阪・奈良・京都の三都を乗り換えなしで結びます。

車両名称の「あをによし」は 世界遺産や国宝が数多く存在する古都・奈良にかかる枕詞。デビュー当日は大阪難波駅で出発式が行われ、「この特急は、大阪、京都から奈良へ。また、将来はインバウンドの方に大阪、奈良、京都の三都を巡る交通手段として乗って楽しんでいただける特急になればと思っています」(近鉄 大内執行役員)と、本列車に期待される役割についても触れられました。

近鉄の新観光特急「あをによし」デビュー……種車「12200系」はどのような存在だったのか【コラム】
1・3・4号車に備わった1+1列のツインシートは、家具メーカーによる特注デザイン(写真:近鉄)
近鉄の新観光特急「あをによし」デビュー……種車「12200系」はどのような存在だったのか【コラム】
2号車のサロンシートは3~4名で利用できるグループ専用席で、プライベート空間らしくパーテーションで区切られています(写真:近鉄)
近鉄の新観光特急「あをによし」デビュー……種車「12200系」はどのような存在だったのか【コラム】
車内には販売カウンターも用意されており、奈良県産のスイーツや車内限定グッズなどが購入できます(写真:近鉄)
近鉄の新観光特急「あをによし」デビュー……種車「12200系」はどのような存在だったのか【コラム】
4号車のライブラリースペースでは、沿線に関する書籍を自由に閲覧できるようになっており、電車の中であることを忘れてしまいそうなほど……(写真:近鉄)

そんな新観光特急「あをによし」ですが、車両は新造されたものではありません。種車は近鉄を代表する特急型車両「12200系」の12256編成。英国のエリザベス女王も乗車したという、歴史の証人(証車?)とも言える車両を約3.3億円かけて改造しました。元になった「12200系」はどんな存在だったのでしょうか。


この記事の画像

「近鉄の新観光特急「あをによし」デビュー……種車「12200系」はどのような存在だったのか【コラム】」の画像1 「近鉄の新観光特急「あをによし」デビュー……種車「12200系」はどのような存在だったのか【コラム】」の画像2 「近鉄の新観光特急「あをによし」デビュー……種車「12200系」はどのような存在だったのか【コラム】」の画像3 「近鉄の新観光特急「あをによし」デビュー……種車「12200系」はどのような存在だったのか【コラム】」の画像4
「近鉄の新観光特急「あをによし」デビュー……種車「12200系」はどのような存在だったのか【コラム】」の画像5 「近鉄の新観光特急「あをによし」デビュー……種車「12200系」はどのような存在だったのか【コラム】」の画像6 「近鉄の新観光特急「あをによし」デビュー……種車「12200系」はどのような存在だったのか【コラム】」の画像7 「近鉄の新観光特急「あをによし」デビュー……種車「12200系」はどのような存在だったのか【コラム】」の画像8
「近鉄の新観光特急「あをによし」デビュー……種車「12200系」はどのような存在だったのか【コラム】」の画像9