期間限定で京成佐倉駅を「桜駅」に(京成)、夜桜をライトアップ(相鉄)、桜ダイヤ(樽見鉄道) 2022年のお花見は鉄道で
拡大する(全4枚)
相鉄弥生台駅 日中の様子(画像:相模鉄道)

長く厳しかった冬がようやく終わりを告げ、春が目の前までやってきた。鉄道各社からも、桜や花見のニュースが相次いで発信されている。

サクラを名乗る鉄道駅が、京成本線の京成佐倉駅。京成電鉄と千葉県佐倉市は今春、佐倉を「桜」と読み替えて地元への誘客をめざす観光キャンペーン「桜に染まるまち、佐倉2022」を共同展開する。期間は桜の開花にあわせて3月19日~4月10日。

佐倉市内を代表するお花見スポットが佐倉城址公園で、近隣には多くの歴史的建造物が点在する。鉄道がらみの話題では期間中、京成佐倉駅の「佐倉」の表記を「桜」のデザインに。駅から城址公園までの道のりを桜に染める〝桜ロード〟などで、「桜のまち」を演出する。

京成は、「京成〝桜〟駅記念乗車券」を2022年3月19日から地元京成佐倉駅のほか、主要20駅で発売。1部500円で3000部。キャンペーン期間中、地元の協力店舗で記念乗車券を提示すると、商品割引などの特典も。

期間限定で京成佐倉駅を「桜駅」に(京成)、夜桜をライトアップ(相鉄)、桜ダイヤ(樽見鉄道) 2022年のお花見は鉄道で
「京成〝桜〟駅記念乗車券」の裏表デザイン(画像:京成電鉄)

相模鉄道は2022年3月12日から、いずみ野線弥生台駅の桜のライトアップを始める。同駅付近のいずみ野線は、切通し(切り取り)区間を線路が走り、両脇の斜面に41本にソメイヨシノが植えられる。夜桜ライトアップは2015年にスタートしたもので、今年は4月10日までの予定。

期間限定で京成佐倉駅を「桜駅」に(京成)、夜桜をライトアップ(相鉄)、桜ダイヤ(樽見鉄道) 2022年のお花見は鉄道で
ライトアップされた相鉄弥生台駅のソメイヨシノ(画像:相模鉄道)

この記事の画像

「期間限定で京成佐倉駅を「桜駅」に(京成)、夜桜をライトアップ(相鉄)、桜ダイヤ(樽見鉄道) 2022年のお花見は鉄道で」の画像1 「期間限定で京成佐倉駅を「桜駅」に(京成)、夜桜をライトアップ(相鉄)、桜ダイヤ(樽見鉄道) 2022年のお花見は鉄道で」の画像2 「期間限定で京成佐倉駅を「桜駅」に(京成)、夜桜をライトアップ(相鉄)、桜ダイヤ(樽見鉄道) 2022年のお花見は鉄道で」の画像3 「期間限定で京成佐倉駅を「桜駅」に(京成)、夜桜をライトアップ(相鉄)、桜ダイヤ(樽見鉄道) 2022年のお花見は鉄道で」の画像4