「夢洲直通列車向けの集電装置」試作品が完成、各種試験へ 近鉄
拡大する(全3枚)
可動式第三軌条用集電装置

近鉄は2022年5月23日、可動式第三軌条用集電装置の試作品が完成したと発表した。

同社は統合型リゾート(IR)の整備が計画されている夢洲から沿線各地を直通で結ぶ列車を計画している。大阪メトロ中央線のコスモスクエア~夢洲新駅間延伸が果たされれば、相互直通運転を行う近鉄けいはんな線沿線と夢洲がつながる。

しかし、大阪メトロ中央線・近鉄けいはんな線が採用する集電方式は、給電用のサードレールから集電靴で走行に必要な電力を得る第三軌条方式。一方、近鉄けいはんな線と生駒駅で接続する近鉄奈良線は、架線からパンタグラフで集電する架空電車線方式を採用しており、集電方式の違いから近鉄けいはんな線と近鉄奈良線の直通運転は行われていない。近鉄沿線各地と夢洲を結ぶ直通列車を運転するためには、両方の集電方式に対応する必要がある。

「夢洲直通列車向けの集電装置」試作品が完成、各種試験へ 近鉄
集電方式の違い
「夢洲直通列車向けの集電装置」試作品が完成、各種試験へ 近鉄
近鉄路線図(太線部分) 緑色の区間が第三軌条方式

このほど開発された「可動式第三軌条用集電装置」は、集電靴を折り畳んで収納する機能を備えている。近鉄奈良線の車両限界内に収めることで、架空電車線の区間での走行に支障がないようにするというものだ。

近鉄は直通列車の運行により「夢洲から沿線各地に誘客を図ることで、沿線地域の観光振興に貢献したいと考えています」としており、今後は同試験装置試作品の各種試験に着手する。

2022年5月25日(水)~27日(金)にインテックス大阪で開催される「鉄道技術展・大阪」の同社ブースでは、同装置のパネル展示も行われる。

この記事の画像

「「夢洲直通列車向けの集電装置」試作品が完成、各種試験へ 近鉄」の画像1 「「夢洲直通列車向けの集電装置」試作品が完成、各種試験へ 近鉄」の画像2 「「夢洲直通列車向けの集電装置」試作品が完成、各種試験へ 近鉄」の画像3