東京の真ん中を円く走ってやがて1世紀  「山手線今昔物語」上野駅と池袋駅、 そして自動運転まで【取材ノートから No.10】
拡大する(全6枚)
JR山手線を走るE235系(写真:T2 / PIXTA)

2022年は鉄道開業150周年。汽笛一声の陸蒸気で始まった日本の鉄道は、新幹線からリニアモーターカーへと今も進化をとげつつあります。その中で昔も今も〝普段着の鉄道〟といえるのが、東京都心部をま~るく走るJR山手線かもしれません。

日本初の鉄道、新橋―横浜間の開業から14年目の1885年3月1日、私鉄の日本鉄道が品川―赤羽間をつなぐ連絡線を開業したのが、山手線の歴史の始まりとされます。本コラムは「山手線今昔物語」と題し、路線の略史に続き、上野駅と池袋駅をピックアップ。新しい話題では、2022年5月に発信された「JR東日本が山手線全線で自動運転をめざした実証運転」を取りあげます。

連絡したのは官設の東海道線と私鉄の東北線

最初の山手線、品川―赤羽間が連絡線(日本鉄道品川線)だったのは、官設の東海道線は始発が新橋駅、私鉄の日本鉄道東北線は始発が上野駅で、新橋、上野間はレールがつながっていなかったためです(新橋駅はその後、貨物駅の汐留駅になって廃止。現在の新橋駅とは位置が異なります)。

初期の山手線を略年表形式でたどれば、連絡線開業時の駅は両端を含め、品川、渋谷、新宿、板橋、赤羽の5駅。開業月の1885年3月に目黒、目白の両駅が営業を始め、その後線区的には山手線でありませんが、秋葉原(当初は貨物取扱所でした)、田端駅などが開業。日本鉄道は1903年に豊島線として池袋―田端間を開業、この時に池袋、大塚、巣鴨駅が誕生しました。


この記事の画像

「東京の真ん中を円く走ってやがて1世紀  「山手線今昔物語」上野駅と池袋駅、 そして自動運転まで【取材ノートから No.10】」の画像1 「東京の真ん中を円く走ってやがて1世紀  「山手線今昔物語」上野駅と池袋駅、 そして自動運転まで【取材ノートから No.10】」の画像2 「東京の真ん中を円く走ってやがて1世紀  「山手線今昔物語」上野駅と池袋駅、 そして自動運転まで【取材ノートから No.10】」の画像3 「東京の真ん中を円く走ってやがて1世紀  「山手線今昔物語」上野駅と池袋駅、 そして自動運転まで【取材ノートから No.10】」の画像4
「東京の真ん中を円く走ってやがて1世紀  「山手線今昔物語」上野駅と池袋駅、 そして自動運転まで【取材ノートから No.10】」の画像5 「東京の真ん中を円く走ってやがて1世紀  「山手線今昔物語」上野駅と池袋駅、 そして自動運転まで【取材ノートから No.10】」の画像6