夜の臨港エリアに究極の造形美を見る WILLERが「川崎工場夜景コース」バスツアー 鉄道ファン向けおすすめスポットも【コラム】
拡大する(全5枚)
工場前に停車中の「東京レストランバス」。ツアー中1~2回、バスを下車しての撮影タイムが設けられます(写真:WILLER EXPRESS)

154万人都市の政令市・川崎市の夜景観光が話題です。〝工場萌(も)え〟なる言葉も聞かれるほど。真っ暗やみの中、光に包まれる工場は見る人を圧倒するスケール感をもち、文字通りの異空間といえるでしょう。川崎市や川崎市観光協会は、2008年から夜景観光を本格的にPR。10年を超す歴史を持ちます。

しかし、観光地でない工場地帯に簡単にはいかれない。そこで頼りになるのが、旅行会社の夜景ツアーです。今回は高速・観光バスのWILLER EXPRESSが、2022年6~7月に9日間限定で実施する「川崎工場夜景コース」の先行試乗会に参加。鉄道ファンにも見どころいっぱいのツアーをご案内します。

「東京レストランバス」多摩川を渡る

夜の臨港エリアに究極の造形美を見る WILLERが「川崎工場夜景コース」バスツアー 鉄道ファン向けおすすめスポットも【コラム】
バスは屋根が開閉できるオープントップタイプ。運転席は1階で、2階最前席のWILLER社員がガイドを務めます(筆者撮影)

ツアー名は、「川崎工場夜景コース〝フレンチとお酒と川崎工場夜景を楽しむ夜〟」。乗車するのは1階が調理場、2階が乗車スペースの「レストランバス」。2018年から東京のほか京都で通年運行をはじめ、東京コースは東京駅発でお台場や浅草を訪れるルートを走ります。今回、はじめて川崎を目的地とする工場夜景バスを企画しました。

出発は東京駅前18時。虎ノ門ヒルズ、東京タワーなど東京都心を車窓観光しながら、首都高速に乗ります。ツアータイトル通り、車内ではフランス料理を提供。このあたり、各地で人気の観光列車ツアーと同趣向でしょうか。


この記事の画像

「夜の臨港エリアに究極の造形美を見る WILLERが「川崎工場夜景コース」バスツアー 鉄道ファン向けおすすめスポットも【コラム】」の画像1 「夜の臨港エリアに究極の造形美を見る WILLERが「川崎工場夜景コース」バスツアー 鉄道ファン向けおすすめスポットも【コラム】」の画像2 「夜の臨港エリアに究極の造形美を見る WILLERが「川崎工場夜景コース」バスツアー 鉄道ファン向けおすすめスポットも【コラム】」の画像3 「夜の臨港エリアに究極の造形美を見る WILLERが「川崎工場夜景コース」バスツアー 鉄道ファン向けおすすめスポットも【コラム】」の画像4
「夜の臨港エリアに究極の造形美を見る WILLERが「川崎工場夜景コース」バスツアー 鉄道ファン向けおすすめスポットも【コラム】」の画像5