諏訪神社 参拝【駅ぶら】06京王電鉄330 相模原線50の画像はこちら >>

※2023年12月撮影

トップ画像は「諏訪尾根通り」。「多摩市立北諏訪小学校」の前を通って北に坂を下っています。

正面で「諏訪越通り」に突き当たります。

諏訪神社 参拝【駅ぶら】06京王電鉄330 相模原線50
※2023年12月撮影

「諏訪越通り」を右折して東に歩きます。

諏訪神社 参拝【駅ぶら】06京王電鉄330 相模原線50
※2023年12月撮影

1つ目の角を入りました。「諏訪神社」を探していたら眼下に見えました。

諏訪神社 参拝【駅ぶら】06京王電鉄330 相模原線50
※2023年12月撮影

元の「諏訪越通り」に戻りさらに坂を下ります。

諏訪神社 参拝【駅ぶら】06京王電鉄330 相模原線50
※2023年12月撮影

コンビニエンスストアのところに「諏訪神社」というバス停がありました。

目的地は近いです。

諏訪神社 参拝【駅ぶら】06京王電鉄330 相模原線50
※2023年12月撮影

次の十字路を左折して100メートルほどで「諏訪神社」が見えました。

諏訪神社 参拝【駅ぶら】06京王電鉄330 相模原線50
※2023年12月撮影

曲がり角に面しています。

諏訪神社 参拝【駅ぶら】06京王電鉄330 相模原線50
※2023年12月撮影

石の鳥居をくぐります。

諏訪神社 参拝【駅ぶら】06京王電鉄330 相模原線50
※2023年12月撮影

社殿は一見して鉄筋コンクリート造です。

諏訪神社 参拝【駅ぶら】06京王電鉄330 相模原線50
※2023年12月撮影

神様にご挨拶します。

お賽銭は扉の賽銭口から入れました。

諏訪神社 参拝【駅ぶら】06京王電鉄330 相模原線50
※2023年12月撮影

「多摩市史」には以下の様に書かれています。

【諏訪社】連光寺村の西、乞田村との境の山上にあり、字馬引沢の鎮守。例祭は九月二十七日。宝永元年(一七〇四)幣殿を造立、これ以前同村薬王寺が新規に別当となっている(資二文化・寺社四八二ページ)。

扁額も古くはありません。

諏訪神社 参拝【駅ぶら】06京王電鉄330 相模原線50
※2023年12月撮影

社殿を側面から。左奥、上方の道路が最初に入り込んだ道です。

諏訪神社 参拝【駅ぶら】06京王電鉄330 相模原線50
※2023年12月撮影

神社から「京王永山駅」に戻りましたが、ちょうどバス停のところで「京王バス」が来たので乗りました。運賃は200円。流石に寒い日で少し膝が痛かったので助かりました。

諏訪神社 参拝【駅ぶら】06京王電鉄330 相模原線50
※2023年12月撮影

次回は「京王永山駅」から「京王多摩センター駅」にむかいます。

(写真・文/住田至朗)

※駅構内などは京王電鉄さんの許可をいただいて撮影しています。

※鉄道撮影は鉄道会社と利用者・関係者等のご厚意で撮らせていただいているものです。ありがとうございます。

※参照資料

・『京王ハンドブック2022』(京王電鉄株式会社広報部/2022)

・京王グループホームページ「京王電鉄50年史」他

下記の2冊は主に古い写真など「時代の空気感」を参考にいたしました

・『京王電鉄昭和~平成の記録』(辻良樹/アルファベータブックス/2023)

・『京王線 井の頭線 街と駅の1世紀』(矢嶋秀一/アルファベータブックス/2016)