2020年からの10年で日本は破壊へむかうか繁栄するか? 渋澤健が描く変革30年周期、嶋村吉洋交流会で語る

2020年からの10年で日本は破壊へむかうか繁栄するか? 渋澤健が描く変革30年周期、嶋村吉洋交流会で語る

日本は30年周期で破壊と繁栄を繰り返しているとすると、この2019年は、破壊のなかか、それとも繁栄の時代にいるか―――。

そんなドキドキワクワクする話が聞けたのが、東京・赤坂で9月下旬に開催された、実業家 嶋村吉洋氏主催の交流会「Session」。

今回の交流会には、日本の資本主義の父・渋沢栄一5代目子孫で、コモンズ投信取締役会長ESG最高責任者 渋澤健氏をはじめ、「Red Bull Dance Your Style」ジャパンファイナル覇者の日本人プロダンサー KITE氏、Kanatta代表取締役社長の井口恵氏、ビジネス書作家の木暮太一氏、シーマネジメント代表取締役 権藤優希氏など、業界の垣根を越えて嶋村氏と交友のある多彩なゲストたちが参加。

そのなかでも参加者たちが聞き入ったのが、渋澤健氏のトーク。交流会参加者たちに渋澤氏が伝えていた「日本が30年周期で繰り返される破壊と繁栄」「2020年以降に大きく変革する可能性」といった衝撃の内容が、こうだ。

成功体験した人が消えるいま、大きな可能性

2020年からの10年で日本は破壊へむかうか繁栄するか? 渋澤健が描く変革30年周期、嶋村吉洋交流会で語る

「2020年というのは、かれこれ10年前から『時代の節目になる』といわれている。この2020年から変化のスピードが急激に速くなるともいわれてきた。それは日本の人口動態をみればわかる」

「日本の人口ピラミッドはひょうたん型。2020年以降はそのひょうたん型がシフトして、世代交代が一気にくる。過去に成功体験した人たちがいなくなるということ」


あわせて読みたい

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「2020年からの10年で日本は破壊へむかうか繁栄するか? 渋澤健が描く変革30年周期、嶋村吉洋交流会で語る」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    世代は関係無く日本の国民性が課題である。

    0
この記事にコメントする

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月9日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。