JR西日本、終電繰り上げを検討 線路保守作業者にもっともっと休日を!

終電繰り上げで作業日数を年間10%減少

JR西日本、終電繰り上げを検討 線路保守作業者にもっともっと休日を!
画像:JR西日本

終電を繰り上げれば深夜帯の作業時間拡大が可能となり、結果として夜間作業の総日数を減らすことができます。

JR西日本の試算によれば、大阪駅発の最終電車を24時に繰り上げた場合、年間の作業日数はおよそ10%ほど減少する見込みです。また、レール交換やホーム柵整備などの安全対策工事をさらに円滑に進める効果もあるとのことです。

他鉄道とのダイヤ調整や観光施設の深夜営業(イベント)の動向も考慮

検討にあたっては他鉄道などとの乗換利便を含めた最終電車付近のダイヤの調整が必要です。また、夜の都市観光、いわゆるナイトタイムエコノミーについては、今後の市中イベントや観光施設などの深夜営業の動向といった要素も勘案していく必要があります。

JR西日本は今後、環境変化に即した深夜帯ダイヤの見直しなど、一連の取り組みを通じて将来にわたり鉄道を安全に運行する努力を重ねるとしています。

鉄道チャンネル編集部

あわせて読みたい

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月26日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。