11月中旬から埼玉高速鉄道車両に「ダイナミックビークルスクリーン」順次搭載 どんなことができるの?

11月中旬から埼玉高速鉄道車両に「ダイナミックビークルスクリーン」順次搭載 どんなことができるの?
「ダイナミックビークルスクリーン」のイメージ 写真:埼玉高速鉄道

2020年4月までに全車両に搭載

2019年11月11日、株式会社NTTドコモ、埼玉高速鉄道株式会社、株式会社ビズライト・テクノロジー、株式会社 LIVE BOARDの4社は、車両内に搭載する「ダイナミックビークルスクリーン」を活用し、鉄道車両内では世界初(※1)となるダイナミックDOOH事業(※2)の推進を行うことで合意しました。

埼玉高速鉄道は浦和美園駅(さいたま市)から東京メトロ南北線で東京都心部を経由し、東急目黒線日吉駅(横浜市)までを縦断する首都圏の主要路線。これら3社線を運行する車両のおよそ3分の1が埼玉高速鉄道の車両となります。

11月中旬より同社車両のデジタルサイネージ機器を順次入替え、2020年4月までに全車両への「ダイナミックビークルスクリーン」搭載を完了する予定です。設置及び運用は株式会社ビズライト・テクノロジーが実施。

※1 2019年11月10日現在、ビズライト・テクノロジー調べ

※2 「OOH(Out Of Home)」は家庭以外の場で接触する広告媒体の総称。DOOH(Digital Out Of Home)は交通広告・屋外広告およびリテールショップなどに設置されたデジタルサイネージを活用した広告媒体の意。世界的にはOOHからDOOHへの置き換えが進んでいます。

「ダイナミックビークルスクリーン」では何ができるの?


あわせて読みたい

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月11日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。