利下げしたのに?トルコリラとユーロが大反発!米は来週利下げへ

利下げしたのに?トルコリラとユーロが大反発!米は来週利下げへ

本日のレンジ予測

[本日のドル/円]上値メドは109.01下値メドは107.01

今朝の天気マークは「晴れ」


※天気の判定基準は記事末尾にあります


 ECB(欧州中央銀行)という大イベントが終了して、いよいよ来週はFOMC(米連邦公開市場委員会)。市場参加者10人のうち9人が、FRBは利下げすると考えています。昨日のトルコリラ/円、ユーロ/円、ドル/円の動きについては「今日の注目通貨」をご覧ください。


 パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長は先週行った講演で、米経済について慎重ながらも楽観的な見通しを示しました。労働市場は強く、2019年のGDP(国内総生産)は2.0%から2.5%に拡大すると予想しています。「米経済は良好、なのに利下げ」するのはなぜでしょうか。


「消費部門は強いが、製造業部門は弱っている。世界景気は後退するなかで通商問題の不透明感はさらに増し、企業投資が慎重。そしてインフレ率は低い」というのがパウエル議長の経済評価です。ただ、パウエルFRB議長は、米経済のリセッション(景気後退)は予想していません。ここは重要なところです。


 FRBが利下げするのは、インフレ期待をこれ以上後退させない予防的な行動ということです。(不況になったからではなく)景気を長期間持続させるために、「持てるツール全てを使って支援する」わけです。来週の利下げが、中期的な調整にすぎないのか、それとも本格的な利下げサイクルを意味するのか、この点を見極めることも大切です。


あわせて読みたい

トウシルの記事をもっと見る 2019年9月13日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら