今日からポンド祭り!英利下げとブレグジットで、ポンド/円はどうなる?
拡大する(全5枚)

本日のレンジ予測

[本日のドル/円]上値メドは109.49下値メドは108.64

今朝の天気マークは「くもり」


※天気の判定基準は記事末尾にあります


BOEは利下げする、しないは「五分五分」


 今一番の注目通貨は「ポンド」です。なぜか? 英国が今週末、1月31日グリニッジ標準時間23時(日本時間2月1日午前8時)をもって、ついにEU(欧州連合)を離脱するから、ではなく、BOE(イングランド銀行)が今夜「利下げ」するという予想が増えているせいです。


 BOE(イングランド銀行)のカーニー総裁をはじめ、複数のMPC(金融政策委員)は今年に入り、相次いで利下げを支持する発言をしました。突然のことにマーケットは驚き、BOE利下げ予想は一時60%以上にまで急上昇しました。


 ところが、先週発表された英国の景気先行指数である1月PMI(購買担当者景気指数)は予想より強い結果。昨年末に比べると、景気先行きに明るさが増えていることを示しました。このため、利下げは必要ないという意見も出てきて、現在の利下げ確率は五分五分になっています。BOE内部でも意見が対立しているようです。不透明さがポンドの反応を大きくさせることになるでしょう。


 利下げ、据え置きのどちらかといえば、据え置きの方がやや確率が高いのではないかと考えます。利下げ予想派は「予防的利下げ」を掲げていますが、PMIが示すように英総選挙後から景気見通しは上向いているわけで、予防の緊急性の理由を見つけるのが難しい。むしろ、ブレグジット(英国のEU[欧州連合]離脱)後の経過観察をして必要なら5月に実施するのが妥当ではないでしょうか。カーニーBOE総裁は3月に退任するのですが、中央銀行は通常、総裁交代時期に大きな政策変更はしないこともあります。


この記事の画像

「今日からポンド祭り!英利下げとブレグジットで、ポンド/円はどうなる?」の画像1 「今日からポンド祭り!英利下げとブレグジットで、ポンド/円はどうなる?」の画像2 「今日からポンド祭り!英利下げとブレグジットで、ポンド/円はどうなる?」の画像3 「今日からポンド祭り!英利下げとブレグジットで、ポンド/円はどうなる?」の画像4
「今日からポンド祭り!英利下げとブレグジットで、ポンド/円はどうなる?」の画像5