今夜の10月米雇用統計は「悪い結果」を覚悟する必要 大統領選後の円高・円安、どこまである?
拡大する(全4枚)

本日のレンジ予測

[本日のドル/円]上値メドは106.36下値メドは102.81

今朝の天気マークは「雨」


※天気の判定基準は記事末尾にあります

今夜ドル/円102円台なら、
年初来安値更新も?


 5日(木曜)のドル/円は大きく「円高」に動きました。今年の3月以来8カ月ぶりとなる103円台に入ると、一気に103.44円まで下落。終値は103.53円。


 米大統領選挙でトランプ氏の優勢が伝わった時にドルショートの解消が起きましたが、ここにきてバイデン氏勝利がほぼ確定的となり、再び「リスクオンのドル売り」が急ピッチで構築されています。今はまだ強い方向性が出たとはいえませんが、ドル/円の重要なサポートレベルが破られたことで、さらに下落(円高)余地がありそう。ドル/円の最新位置情報は「今日の注目通貨」をご覧ください。


 今夜は10月の米雇用統計が発表されます。NFP(非農業部門雇用者数)の事前予想は+60.0万人(前回+66.1万人)。ただ、今週発表された民間機関の雇用統計であるADPの10月が、予想+65万人に対して+36.5万人とかなり伸び悩んだので、注意する必要があります。今夜の雇用統計のポイントは、11月米雇用統計詳細レポート 「感染拡大、対策不在、 雇用が危ない!?コロナと雇用の負のスパイラルが加速!」 をご覧ください。


 雇用市場をとりまく環境は以前に増して悪化しています。米国の新型コロナ経済対策の多くは期限を迎え、個人向けの直接給付も1回限りの措置で既に終了しています。失業保険追加給付もすでに期限切れ。トランプ大統領は追加給付を決めましたが、プロセスに時間がかかりまだ再開されていないのが現状。


この記事の画像

「今夜の10月米雇用統計は「悪い結果」を覚悟する必要 大統領選後の円高・円安、どこまである?」の画像1 「今夜の10月米雇用統計は「悪い結果」を覚悟する必要 大統領選後の円高・円安、どこまである?」の画像2 「今夜の10月米雇用統計は「悪い結果」を覚悟する必要 大統領選後の円高・円安、どこまである?」の画像3 「今夜の10月米雇用統計は「悪い結果」を覚悟する必要 大統領選後の円高・円安、どこまである?」の画像4