次世代燃料、全然足りない! 航空の脱炭素に必要不可欠 ANAとJAL異例の共同レポ

次世代燃料、全然足りない! 航空の脱炭素に必要不可欠 ANAとJAL異例の共同レポ
拡大する(全1枚)

電気でも水素でもなくやっぱり必要なんです!

SAFの認知拡大へ共同レポート

 ANA(全日空)とJAL(日本航空)は2021年10月8日(金)、SAFの認知拡大と理解促進を目的とした共同レポート「2050年航空輸送におけるCO2排出実質ゼロへ向けて」を策定したと発表しました。

次世代燃料、全然足りない! 航空の脱炭素に必要不可欠 ANA...の画像はこちら >>

ANAの平子社長(左)とJALの赤坂社長(画像:ANA)。

 SAFとは、いわゆるバイオ燃料などをはじめとする持続可能な次世代の航空燃料のこと。CO2排出量を従来の燃料より約80%削減でき、2050年に航空輸送のCO2排出実質ゼロを実現するうえで不可欠な代替燃料だといいます。空港などで既存の給油インフラをそのまま活用できる点もメリットです。

 電動航空機や水素航空機の開発も着手しているものの、中大型の航空機は引き続き液体ジェット燃料が必要――レポートではこのようにまとめられています。2050年目標の達成には、2030年に少なくとも世界の航空燃料の10%をSAFへ移行する必要があるとのこと。

 しかし、その目標に対してSAFの供給は全く追い付いていません。

 現在の世界のSAF生産量は、需要の0.03%未満に留まっており、量産と普及が急務だといいます。日本の航空会社の運航、ならびに日本の空港での給油に必要なSAFの必要量を計算したところ、2050年にCO2排出量実質ゼロを実現するためには、日本で最大約2300万KLのSAFが必要だと分かったそうです。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク