レア機体の着陸にSNSでも話題に。

要人が会談などをするときに立ち寄ることも

 アメリカ空軍のE-4B「ナイトウォッチ」が2024年5月30日、日本の横田基地に着陸したとSNSで話題となっています。

「世界の終わりに飛ぶ飛行機」東京に着陸! 突然やってきた目的...の画像はこちら >>

駐機されるE-4B(画像:アメリカ空軍)。

 E-4B「ナイト・ウォッチ」はボーイング747-200Bをベースに開発された機体です。核戦争・大規模災害などで地上での指揮が取れない場合に備え、大統領や国家指揮権限の保持者および指揮幕僚を搭乗させ、アメリカ軍を空中から指揮するために開発された機体であり、「Doomsday Plane(終末(世界の終わり)の飛行機)」とも呼ばれます。

 今回、横田基地を訪れた理由については明らかになっていませんが、アメリカ空軍は同機を4機保有しており、日本国内や近隣の国でアメリカ政府要人が会談を行う際などには、同基地に着陸することもあります。

 なお、5月31日からシンガポールで始まる「アジア安全保障会議」にロイド・オースティン国防長官が出席し、中国の董軍国防相と会談する予定となっています。