首都高は怖くない? 右から合流、複雑分岐、うまく走るコツ

カーブや合流、分岐が多く、しかも加速車線は短め――首都高には、初心者にとって運転しづらいポイントが多々存在します。そんな首都高をうまく走る「コツ」はあるのでしょうか。

C1都心環状線だけでもJCT名を覚えておきたい

 用地確保が難しい東京都心部を縫うように走り、神奈川、埼玉、千葉に広がっている首都高。路線が複雑であるほか、郊外の高速道路と比べてカーブや合流、分岐が多いなど、初心者には運転しづらいだろうポイントが多々あります。

 初心者ドライバーはどうしたら首都高をうまく走れるのでしょうか。モータージャーナリストの鈴木ケンイチさんに、その「コツ」を聞きました。

首都高は怖くない? 右から合流、複雑分岐、うまく走るコツ

「首都高の難所」としてよく名が上がる東京都中央区の箱崎JCT。道路が複雑に走る(画像:photolibrary)。

――初心者が首都高を走る場合、まずどういう点に気をつけるといいでしょうか?

 東京では、C1都心環状線と、その外側にC2中央環状線というふたつの環状線があり、C1から放射状に路線が伸びているという構造を理解しておくといいでしょう。特に、C1だけでもJCTの名前を覚えておくと渋滞情報も理解しやすくなると思いますし、C1を何度か回れば、首都高の構造についてかなり勉強になると思います。

――分岐で気をつけるべきポイントはなんですか?

 たとえばC1の江戸橋JCTから、6号三郷線と9号深川線が分岐する箱崎JCTまでのあいだは、中央の2車線が6号線行き、その両脇の車線が9号線行きという構造で、6号線へ向かう中央の車線が混んでいて両脇の車線から入れないという場合があります。ここに限らず、車線の変更は分岐直前ではなく、早めにしておいたほうがいいでしょう。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「首都高は怖くない? 右から合流、複雑分岐、うまく走るコツ」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    簡単だよ、周りの流れなんか無視して「法定速度」で走ればいいんだ。

    0
この記事にコメントする

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年4月8日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。