都バスの新顔「フルフラットバス」導入進む 人が中で詰まる路線バスの課題解決なるか

都営バスの新型車両「フルフラットバス」が登場し、半年が経ちました。車内後方に段差が存在する従来型「ノンステップバス」の課題を解決し、最後部付近まで床面をほぼフラットにしたこのバス、都内で増えています。

「段差なし」「奥まで詰めやすい」がメリット

 都営バスで、「フルフラットバス」と呼ばれる新型車両が徐々に増えつつあります。前扉から最後部座席付近まで通路の段差をなくしたバスで、2018年12月に東京都交通局が日本で初めて導入したものです。

都バスの新顔「フルフラットバス」導入進む 人が中で詰まる路線バスの課題解決なるか

小滝橋車庫と新橋駅前を結ぶ「橋63」系統のフルフラットバス(2019年4月、乗りものニュース編集部撮影)。

 都営バスで主流の「ノンステップバス」は、前扉から中扉付近までは段差がないものの、そこから車内後方にかけては段差があり、床が少し高くなっています。エンジンなどの位置関係によるものですが、フルフラットバスはエンジンルームを車体の背面へ垂直に配置することで、段差を解消しました。なお、一般的な日本の路線バス車両は国産ですが、フルフラットバスはスウェーデンのスカニア製です(車体の製造はオーストラリアのボルグレンが担当)。

 フルフラットバスに期待されている役割は、大きくふたつ。ひとつは車内混雑の緩和です。車内の中ほどに段差のあるノンステップバスでは、立っている人が段差の手前に留まる傾向があり、前方ばかりが混むことで乗降に時間を要し、遅れにもつながっていました。

 もうひとつは、段差につまずくことによる転倒の防止。いわゆる「団塊の世代」が75歳以上の後期高齢者となる「超高齢化社会」に突入する2025年を見据え、路線バスの安全性を高める狙いがあります。


あわせて読みたい

気になるキーワード

乗りものニュースの記事をもっと見る 2019年5月26日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら