旧政府専用機B747の「貴賓室」どんな光景? 売却を前に四半世紀の「機密」が明るみに

2019年3月に退役した、ボーイング747「ジャンボジェット」をベースとした(旧)政府専用機の「貴賓室」が公開されました。皇族や首相の海外訪問などに用いられ、これまで危機管理上の理由で非公開とされてきた部分です。

旧政府専用機の貴賓室、売却を前に初公開

 2019年5月24日(金)、北海道の航空自衛隊千歳基地において、ボーイング747-400ベースの“旧”政府専用機が、最後となる報道公開を行いました。

旧政府専用機B747の「貴賓室」どんな光景? 売却を前に四半世紀の「機密」が明るみに

2019年3月末で退役した旧政府専用機。ボーイング747「ジャンボジェット」を原型とする(画像:航空自衛隊)。

 この「旧政府専用機」は、ボーイング777-300ERベースの新政府専用機が今年(2019年)4月より本格的に運航を開始したため、それにともない退役していたものです。そののち2機の旧政府専用機は一般競争入札にかけられ、結果、2機ともリユース・リサイクル事業を手がける株式会社エコネコル(静岡県富士宮市)に約13億円で売却されることとなりました。そこで、同社に引き渡される前に、今回、これまで公開されることのなかった機内最前部の「貴賓室」も初公開されることとなったのです。

 ボーイング747「ジャンボジェット」をベースとした旧政府専用機は、外観からも見てわかるように2階建て構造で、操縦室は2階最前部にあります。そのため、操縦室の後ろにある民間機でいうところの2階客室部分は、クルー控え室となっており、ここは乗務する航空自衛官がおもに使用します。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る 2019年5月28日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。