浮かぶ重文、横浜港の「日本郵船氷川丸」が入館者300万人に 現存する戦前の大型貨客船

横浜港に面する山下公園の「日本郵船氷川丸」が、2008年のリニューアルから数えて入館者300万人を達成、これを記念したセレモニーが行われました。戦前に建造され数奇な運命をたどった「氷川丸」が、またひとつ節目を迎えました。

海に浮かぶ国の重要文化財

 横浜市の山下公園前に係留される、国の重要文化財でもある博物館船「日本郵船氷川丸」が2019年6月8日(土)、入館者数300万人に達しました。2008年4月25日のリニューアル・オープンから12年目の達成です。

浮かぶ重文、横浜港の「日本郵船氷川丸」が入館者300万人に 現存する戦前の大型貨客船

「日本郵船氷川丸」にて、左から4人目が入館者数300万人目となった松井壮琉くん(2019年6月8日、乗りものニュース編集部撮影)。

 300万人目となったのは神奈川県茅ケ崎市から両親と3人で「氷川丸」を訪れた松井壮琉(たける)くん(5歳)です。船内で行われた記念セレモニーでは壮琉くんとその家族に記念品として、ザ・クルーズクラブ東京が運航するクルーズ船「レディクリスタル」のディナークルーズ(4名ぶん)などが贈られ、壮琉くんのお父さんは「300万人という長い歴史の一員となって光栄です」と話しました。

浮かぶ重文、横浜港の「日本郵船氷川丸」が入館者300万人に 現存する戦前の大型貨客船

山下公園に係留される国の重要文化財「氷川丸」
浮かぶ重文、横浜港の「日本郵船氷川丸」が入館者300万人に 現存する戦前の大型貨客船

「氷川丸」名誉船長の「キャプテンハマー」と壮琉くん。
浮かぶ重文、横浜港の「日本郵船氷川丸」が入館者300万人に 現存する戦前の大型貨客船

「氷川丸」の往時を偲ばせるプロムナードデッキ。

「氷川丸」は、日本と北米シアトルを結ぶシアトル航路用の1万2000トン級貨客船として日本郵船が建造、1930(昭和5)年4月に竣工しました。船名は氷川神社にちなんだものです。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る 2019年6月8日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら