空自の国産輸送機C-1とC-2を乗り比べ トイレにも見えた数字に表せない両機の違いとは

航空自衛隊のC-2輸送機はC-1輸送機の後継として開発されましたが、まったくの別物といって差支えありません。その両機を乗り比べたところ、スペックの数字に表れないさまざまなところにも違いが見えました。

国産最新輸送機C-2、「パリエアショー」へ

 航空自衛隊が運用する国産のC-2輸送機が、2019年6月17日(月)から23日(日)にかけフランスで開催される「パリ国際航空宇宙ショー」へ初めて参加します。「国外運航訓練」の一環という位置づけで、同機はほかにもアラブ首長国連邦のアブダビ空軍基地にて、同国空軍などとの部隊間交流を予定しています。

空自の国産輸送機C-1とC-2を乗り比べ トイレにも見えた数字に表せない両機の違いとは

航空自衛隊美保基地の、第3輸送航空隊第403飛行隊のC-2輸送機(月刊PANZER編集部撮影)。

 C-2は、同じく国産であるC-1輸送機の後継として開発され、2017年3月から鳥取県境港市にある、航空自衛隊美保基地に所在する第3輸送航空隊へ配備が開始されています。以前その美保基地への取材の際に、埼玉県の航空自衛隊入間基地を発つC-1の連絡便で現地へ向かい、帰路は美保から入間へ向かうC-2に便乗するというかたちで、両輸送機の「人員輸送」を体験することができました。

 軍用輸送機の「被輸送人員」(乗客ではない)に快適性を期待してはいけません。搭乗前のブリーフィング時、希望者に耳栓を配布してくれたのですが、こうした“配慮”がこれから始まる空の旅の“快適性”を暗示しているようでもありました。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る 2019年6月16日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。