異形すぎて不採用 ドイツ偵察機「BV141」 要望どおり作ってなぜそうなった?

第2次世界大戦直前、ドイツは前線で用いる偵察機を欲しました。その要求に対する答えは、なんと従来の航空機の概念を根本からひっくり返す奇抜なものでした。性能的には優れていたものの採用されなかった理由を追います。

役所の要求通りに作ったらこうなった

 第2次世界大戦中、ドイツは様々な航空機を開発し、実戦投入しました。広く知られるものとしては、世界で最も多く生産された戦闘機であるBf109や、世界初のジェット戦闘機Me262、世界初のロケット戦闘機であるMe163などです。

 それらとは別に、ドイツには「異形の単発機」と呼ばれるBV141という偵察機があります。どこが異形なのかというと、コクピットが胴体にありませんでした。

異形すぎて不採用 ドイツ偵察機「BV141」 要望どおり作ってなぜそうなった?

BV141偵察機の俯瞰写真。右主翼にゴンドラ状に付いているのが乗員室(画像:ドイツ連邦公文書館)。

 そもそも、航空機を思い描こうとすると、コクピットを含む乗員室が機体中央にくるのではないでしょうか。エンジン単発、双発、はたまた多発でも、機体の中心線上に乗員室があり、双発や多発の場合は両側に均等にエンジンが配置されます。

 しかしBV141は、なんと右主翼中ほどあたりに乗員室を設けていました。なぜそのような形状にしたのかというと、偵察機として良好な視界を得るという、ドイツ航空省の要求仕様に愚直に従ったからでした。

 BV141の開発は、第2次世界大戦前に始まりました。1930年代後半、ドイツは大戦の勃発を見据えて、前線で運用する戦術偵察機の開発を計画します。1937(昭和12)年には航空省が要求仕様書をまとめたのですが、この時の要求が「エンジン単発の3人乗り偵察機」というもので、偵察機として全周にわたって良好な視界を確保することとされていました。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月9日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。