成田空港LCCバス統合 競合から連携へ大転換 何があった? 現場から自然発生の提案とは

東京駅成田空港を片道1000円で結ぶ格安バス2路線が統合します。激しく競合しながら人気を集めてきた両者は、なぜ統合に至ったのでしょうか。旧来の「リムジンバス」とのすみ分けも含め、成田アクセスはますます変化しそうです。

どちらも片道1000円「東京シャトル」「THEアクセス成田」統合

 東京駅と成田空港を結ぶ空港連絡バスのうち、低運賃で人気を集めていたふたつの路線が、2020年2月1日(土)に統合されることが各事業者から発表されました。京成バスなど3社が共同運行する「東京シャトル」と、平和交通やジェイアールバス関東などが共同運行する「THEアクセス成田」の2路線です。

 統合後の新しい路線愛称は「AIRPORT BUS『TYO-NRT』(エアポートバス東京・成田)」。東京発、空港発合わせて毎日284便と、国内の高速バスや空港連絡バス路線のなかでは群を抜く便数となり、引き続き片道1000円(早朝、深夜便を除く)という運賃が継続されます。

成田空港LCCバス統合 競合から連携へ大転換 何があった? 現場から自然発生の提案とは

上が「東京シャトル」、下が「THEアクセス成田」(画像:京成バス/中島洋平)。

 2012(平成24)年7月に「東京シャトル」が、翌8月に「THEアクセス成田」が運行を開始して以来、両路線は競合関係にありました。一方が増便すればもう一方も増便し、2019年10月の消費税率改定後も、双方とも値上げをしていません。競合のなかで、両者がウェブ上の広告展開やメディア露出を積極的に行い、それが双方の認知度を高める好循環も続いていました。ただ、その人気の高さによって、「希望の時間帯に乗車できない」「乗車バス停や乗り方がわかりづらい」という課題も生まれていました。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月29日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。