日本の軍用SL いまも千葉・津田沼に 旧日本陸軍「K2形蒸気機関車」 新京成とも深い縁

日本の軍用SL いまも千葉・津田沼に 旧日本陸軍「K2形蒸気機関車」 新京成とも深い縁
       

千葉県のJR津田沼駅周辺には、太平洋戦争終戦まで旧日本陸軍の鉄道連隊が所在しました。その面影はいまやほとんど見られませんが、駅の近くにある公園に展示される蒸気機関車が、実は往時の姿をいまに留めるものでした。

津田沼の蒸気機関車 実は海外使用を想定して作られた軍用機関車

 旧日本陸軍が使用した蒸気機関車というと、靖国神社遊就館に残る、当時タイとビルマを結んでいた泰緬(たいめん)鉄道にて使用された「C56型31号機関車」が、比較的知られているかもしれません。それとは別の軍用蒸気機関車が、千葉県習志野市に残されています。

 JR総武本線 津田沼駅と新京成電鉄新京成線 新津田沼駅にほど近い、津田沼一丁目公園、ここに展示されている小さな蒸気機関車「K2形蒸気機関車134号」が、旧日本陸軍鉄道連隊の、いまに残る面影のひとつです。

日本の軍用SL いまも千葉・津田沼に 旧日本陸軍「K2形蒸気機...の画像はこちら >>

千葉県習志野市の津田沼一丁目公園で保存・展示されているK2形蒸気機関車134号(柘植優介撮影)。

 この機関車は、おもにソ連と満州(中国東北部)の国境地帯で用いることを想定し、旧日本陸軍の鉄道連隊向けに川崎車輌(現・川崎重工業車両カンパニー)が設計、製造した、水と石炭を機関車本体に積載する「タンク機関車」で、計47両が製造されました。

 しかし太平洋戦争が開戦してから生産を開始したため、初期製作の10両以外は満州に送られず、国内で使用されました。津田沼一丁目公園のK2形134号は、同じ津田沼に連隊本部を置いた陸軍鉄道第2連隊が教育訓練で使用していました。


当時の記事を読む

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「靖国神社」に関する記事

「靖国神社」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「靖国神社」の記事

次に読みたい「靖国神社」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月27日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。