翼の下に潜る!? 成田に存在の珍トーイングカー メリットは? ジェットスターに聞く

翼の下に潜る!? 成田に存在の珍トーイングカー メリットは? ジェットスターに聞く
拡大する(全2枚)

飛行機をけん引するトーイングカーといえば、機体の前脚につくものが一般的です。ところが、成田空港には主翼下の主脚につくユニークなものも存在します。これを使っているジェットスター・ジャパンにメリットなどを聞きました。

成田に2台導入の「パワープッシュユニット」

 飛行機は原則、様々な理由から自力でバックをせず、駐機場から離れるときは、「トーイングカー」で所定の位置までいき、そこから前進を始めるというのが一般的です。

 トーイングカーといえば、機体の前脚にくっつきそのまま押していくスタイルのものです。トーバーという棒を使うタイプや、前脚を挟み込むようにして、けん引するトーバーレスタイプなどがありますが、ともに前脚につく、というスタイルは変わりません。

翼の下に潜る!? 成田に存在の珍トーイングカー メリットは?...の画像はこちら >>

成田空港にあるトーイングカー「パワープッシュユニット」(画像:ジェットスター・ジャパン)。

 ところが成田空港には、ユニークなトーイングカーが存在します。LCC(格安航空会社)のジェットスター・ジャパンが2012(平成24)年の就航時から導入している「パワープッシュユニット(Power Push Unit)」というトーイングカーは、前脚ではなく、主翼下の主脚にくっつき、飛行機を引っ張るのです。これは成田空港のみで見られ、台数も2台だけといいます。

 パワープッシュユニットは、その動かし方もユニークです。ジェットスターによると、前輪式のものは、たとえば前脚に「ステアリングピン」というものを刺したのち、飛行機を移動させるなどの方法があるとのこと。けん引されている時、パイロットは自機のタイヤのステアリングを切らず、ブレーキ操作だけを行います。


この記事の画像

「翼の下に潜る!? 成田に存在の珍トーイングカー メリットは? ジェットスターに聞く」の画像1 「翼の下に潜る!? 成田に存在の珍トーイングカー メリットは? ジェットスターに聞く」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク