Snow Manの新曲がラウール主演『赤羽骨子のボディガード』の主題歌に 本予告映像公開
映画『赤羽骨子のボディガード』本ビジュアル (C)丹月正光/講談社 (C)2024 映画「赤羽骨子のボディガード」製作委員会

Snow Manの新曲「BREAKOUT」が、8月2日(金) 公開の映画『赤羽骨子のボディガード』の主題歌に決定。併せて本ビジュアルと本予告映像が公開された。



週刊少年マガジンで連載中の丹月正光による同名コミックスを実写映画化した本作。本予告映像では、ラウール演じるヤンキー高校生・威吹荒邦が、個性あふれる3年4組のクラスメイトたちと出口夏希演じる100億円の懸賞金をかけられた幼馴染・赤羽骨子を命がけで殺し屋から守る姿が映し出されている。



大好きな骨子を日々殺し屋から守る荒邦は、ある日クラスメイト全員がボディガードだと明かされる。クラス最強の司令塔・染島澄彦(奥平大兼)、骨子の親友で空手家の棘屋寧(髙橋ひかる)や、ハッカー・糸踏忠也(倉悠貴)、剣士・日暮弥美姫(山本千尋)、忍者・迅雷風太(戸塚純貴)、柔道家・大叢井巌(木村昴)、詐欺師・海代朱雀(芝大輔/モグライダー)、配信者・霧宮茶虎(あの)、潜水士・幡一平(有輝/土佐兄弟)、さらにドライバー、罠師、鍵師、調教師、スプリンター、新体操、鑑識官など、クラスメイト全員に特殊なスキルがあることを知った荒邦は、全員で“骨子を絶対に守ること”を使命に様々なミッションに挑んでいく。



しかし、荒邦たちの前に立ちはだかる最強の殺し屋で、骨子の姉・尽宮正親(土屋太鳳)の登場によって物語は大きく動き出す。正親との壮絶なアクションや、骨子の父であり国家安全保障庁長官・尽宮正人(遠藤憲一)からクラスメイトの中に「どうやら裏切者がいるらしい」と告げられるシーンは、3年4組史上最大のピンチを予感させる。



また荒邦の父・威吹丈夫(津田健次郎)が「誰かを守るってことはその人が大事にしているものを守るってことだ」と言い微笑む姿や、骨子と寧の深い友情を感じさせるシーンなど、壮絶な闘いの背景にある彼らの熱いドラマに期待が膨らむ。ラストは「赤羽を守るってことは3年4組を守るってことだ」という荒邦の覚悟を込めた言葉で締めくくられる。



本作の主題歌「BREAKOUT」は、映画のストーリーにリンクした歌詞と力強いサウンドで、骨子を守るためにどんな敵にも全力で立ち向かっていく荒邦のように闘志あふれるエネルギッシュな楽曲となっている。



■ラウール コメント



――主題歌がSnow Manの「BREAKOUT」に決定いたしましたが、今の率直なお気持ちをお聞かせください。



僕が参加する作品にグループの楽曲が掛け算されるということが本当に嬉しいです。自分にとってもグループにとっても、とてもありがたいことなのでグループでこの楽曲を歌う意味というのをしっかり考えました。

台本や現場の雰囲気をメンバーに共有しながら制作できたので出来上がりは僕としてもチームとしても満足いく仕上がりになっています。映画との化学反応を楽しんでもらえたら嬉しいなと思います。



――作品にピッタリなとてもカッコいい楽曲ですが、どんなところが聞いてほしいポイントですか?



もちろん歌詞にも注目していただきたいのですが、僕なりに映画のエンディングに一番ハマるのは何かなと考えました。楽曲の決め手になったイントロのワクワク感は、この映画にぴったりだと思うので夏のいい刺激になったらいいなと思います。
作詞していただいた方も台本を読んでくださって、この映画で伝えたいことをこの曲に全部詰め込んでいただきました。



――メンバーの皆さんから何かコメントや話し合ったことはありますか?



ダンスパフォーマンスをするにあたって映画(のストーリー)と関連付けて、“ひとつのミッションに向かってそれぞれの個性で挑んでいき最終的に達成する”というテンション感は共有させていただいたので、その雰囲気が映画とリンクしています。

パフォーマンスも是非楽しみにしてもらえたら嬉しいです。



――土屋太鳳さんが尽宮正親役で出演されることが先日発表されました。土屋さんとは初共演かと思いますが、共演されてみていかがでしたか?



これまでSnow Manメンバーでは目黒くんと佐久間くんと共演されていて、グループとも縁のある方だなという印象がありました。とても温かく優しい方で、寒い日の撮影で「カイロあるよ」って渡してくれたことがあって、ほんわかしていて現場の中でも凄く居心地がよかったです。



――また土屋さんと激しい本格的なアクションシーンもありましたたが、振り返ってみていかがでしたか?



土屋さんとも撮影に入る前からふたりで一緒に練習したり、撮影当日も安全面に配慮しながら100%の力でぶつかってきてくださったので僕も凄くスイッチが入りました。土屋さんが沢山アクションを経験されていることは知っていたので、その分引っ張っていただきながらふたりでいいシーンを作り上げられたと思います。



――遠藤憲一さん、津田健次郎さんの出演も解禁されましたが、おふたりや他の共演者の方々との撮影中に印象に残っていることはありますか?



今回大変だったところは、学校の教室のシーンで20人位が一斉に現場に入るんです。それぞれが原作のビジュアルにかなり寄せていてメイクにとても時間がかかるので、メイクが仕上がってない状態でリハーサルをしていました(笑)。
人数が多かったので基本的には和気あいあいとしていました。みんなでよく話していたのは、今回歌手の方もいらっしゃれば芸人さんも声優さんもいらっしゃったので、それぞれの職業の話をして知らない世界をお互い知り合う感じで興味深かったです。



――撮影を無事に終えて今のお気持ちはいかがですか?



シーンの数も多く、展開の数もとても多い作品でした。それぞれのシーンに向き合いながら、「繋がったらどうなるんだろう?」と想像がつかないまま、一生懸命撮影していましたし、そこにCGも入ってくるので本当に完成が楽しみです。

自分がどのようにスクリーンに映るんだろうと思いますし、クラスメイトがそれぞれどんな登場の仕方をするのか。僕が参加していないシーンもあるのでとても楽しみです。



――公開を楽しみにしている皆さんへメッセージをお願いいたします。



映画『赤羽骨子のボディガード』は8月2日に公開です。スタッフ、キャスト一同全力で作品作りに挑ませていただいたので、是非皆さん夏の2時間をこの映画によろしくお願いします!



映画『赤羽骨子のボディガード』本予告映像



<作品情報>
映画『赤羽骨子のボディガード』



8月2日(金) 公開



公式サイト:
https://movies.shochiku.co.jp/akabanehonekomv/



(C)丹月正光/講談社 (C)2024 映画「赤羽骨子のボディガード」製作委員会